お祝い・メモリアル

注目の「手形&足形アート」で、心に残る成長記録を残そう

初めてわが子の手や足に触れて、あまりの小ささと愛らしさに感激した経験はありませんか?
そのときの感動を、手形や足形として残したいと思っているママやパパは多いはず。
当時の手形や足形を後に眺めながら「あの頃は、こんなに小さかったんだ…」と、お子さまの様子を思い出したり、成長したお子さまと一緒にお話しするのもステキですね。
最近では、手形・足形を押した後、ペンやシールで装飾する「手形・足形アート」が、その可愛さからSNSなどで注目を集めています。そこで、はじめて手形アートを作る方必見!手形・足形をとる際の注意点や上手に手形・足形をとる方法とおすすめグッズを紹介します。

SSfirstart-1

手形・足形は、いつとるのがいい?

病院で生まれたての手形をとって、記念にくれるところもあるようです。お子さまの初めての手形・足形は、生まれて7日目に祝う「お七夜」のころにチャレンジする人もいます。
他にも節目に手形・足形をとれば、写真とはひと味ちがった成長を実感できる良い思い出になるのではないでしょうか。

手形・足形をとるのにおすすめの時期

お七夜のころ:赤ちゃんが生まれて7日目に健康を祈願する日。生まれたばかりの赤ちゃんの手形を取る難しさはありますが、せっかくの記念日。チャレンジしてみる価値はあります。

初宮参りのころ:生後約1ヶ月に初めて神社にお参りし氏子の仲間入りをする儀式です。記念に手形・足形をとって、両親にプレゼントしてもいいですね。

百日祝いのころ:歯が生え始める生後100日~120日の間にする儀式です。ご家庭での手形足形にもだんだんチャレンジしやすくなります。
その他:ハーフバースデーのころ(生まれてから半年後)/初誕生日のころ/七五三のころ/入園、卒園の記念に。
成長の節目に手形・足形をとって、生まれたてのころと比べてみると感慨深いかもしれません。

手形・足形を制作する時に用意したいもの

●塗料:赤ちゃん専用手形スタンプ台/水彩絵の具 など
※インクは赤ちゃんへの安全性を考えて、型をとった後はできるだけ早く落としましょう。※手についたインクを赤ちゃんが舐めないように注意してください。
※購入の際はパッチテストやST基準(化学的特性のインキ類に関する試験)をクリアしているかも確認しましょう。
●台紙:画用紙、色紙、 など(コピー用紙など薄い用紙は塗料が乗りにくく、大切な成長記録には不向きなので、厚手の紙の方が向いています)
●アート用素材:ペン、マスキングテープ、シール など好きな素材
●新聞紙やテーブルクロス:部屋が汚れないように準備を
●おしりふき:インクをふきとったりするのに使います。汚れてもいいものを使用しましょう。

手形・足形をとる前の注意点

赤ちゃんのことを考えて、手形足形をとるときは体調やご機嫌がいい日を選んでください。また、事前の準備をしっかりすることが大切です。


・赤ちゃんの爪は切っておくこと
・できれば2人以上でとるのがおすすめ
・赤ちゃんは手が湿っていることがあるので、その場合は水分をふいてあげましょう
・絵の具などを使用してあちこち汚れる恐れがある場合には、すぐにお風呂に入れる準備をしておいて、作業が終わったらそのままお風呂というのもありかもしれません。

上手に手形・足形をとるコツ

準備ができたら、いよいよ手形足形をとっていきます。紙とインク台を用意したら、以下のポイントを参考に手形足形をとってみてください。

〔手形〕スタンプの場合
1.先に塗料拭き取り用のおしり拭きなどを準備しておいてから、赤ちゃんの手にスタンプをつけます。
2.紙へ手をしっかり押し付けます。
3.取った手形がぶれないように注意しながら、手を紙からそっとはがします。

〔足形〕
手形と同様に行います

手形・足形アートに挑戦!

型をとり終わった手形・足形に、ペンやマスキングテープ、シールなどで装飾をし、世界で一つだけのアート作品に仕上げていきましょう。
インテリアとして飾ったり、祖父母へのプレゼントにしても喜ばれるのではないでしょうか。 今は、簡単で可愛く仕上げられる制作キットも販売されているので、それらを利用するのもいいですね。
おすすめは手形アート作家・やまざきさちえ氏が監修したシヤチハタの手形・足形アート制作キット「First Art(ファーストアート)」です。やまざき氏は、手形や足形をさまざまなモチーフに見立てた手形アート「 petapeta-art®」の考案者。
さらに、シヤチハタの安全なインクを使ったスタンプパッドから木製フレームまで必要な材料がすべて揃っており、やまざき氏監修のステキなアート作品が簡単に作れます。

シヤチハタの「First Art(ファーストアート)」で誰でも手形・足形アーティストに!

SSfirstart-2

●セット内容:手形スタンプパッド「PALM COLORS(パームカラーズ)」/作品用台紙/飾り付けシール/飾り付け専用ペン/木製フレーム
●特長:手形アート作家で株式会社petapeta 代表のやまざきさちえ氏が監修しています。 手形スタンプパッド「PALM COLORS(パームカラーズ)」のインクは、肌に優しく簡単に洗い落とすことができるインクで、にじみが少なく色鮮やかな発色でキレイに仕上がります。さらに、色あせしにくいので長期保存が可能なため、作品づくりに最適です。

監修者・やまざきさちえ氏からのメッセージ

SSfirstart-3

手形「アート」の目的は「かわいいわが子の手形足形を残すこと」です。それを誰もが簡単に楽しく行える手法やデザインを考えるのが私の仕事です。
そのため、
・できるだけ手形足形本来の形を活かしたデザイン
・絵心のない方でも制作できる簡便さがありつつ、制作の楽しみも味わえる
の2点を念頭に作品制作するように心がけています。

手形アートは赤ちゃんのいる親子さんにはもちろん、最近ではさまざまな世代の方にも愛されるようになりました。今回の商品監修をとても嬉しく感じています。
一般的に3キロで生まれた赤ちゃんは1歳で10キロにまで成長すると言われています。
この世のものとは思えないほど小さかったわが子のおててとあんよは、あっという間に大きくなります。赤ちゃんの「今」は、本当に今この瞬間だけ。そんな「今」をこのファーストアートで永遠に閉じ込めていただけたら幸いです。
そして作品制作の時間が親子の触れ合いとなり、完成した作品を見てわが子のかわいさを再認識していただくことで、手形アートが親子の愛着形成をより育むツールとなってくれたらいいなと願っています。

【手形アート作家 やまざきさちえ プロフィール】

SSfirstart-4

こどもの手形や足形をさまざまなモチーフに見立てた手形アートを研究・考案。
自身の経験から「楽しいことばかりではない育児にちいさな彩りを」をコンセプトにしたpetapeta-art®を確立する。
現在は、手形アートの作品提供、全国区でのイベント開催、メディアなどで多彩に活躍中。petapeta-art認定の手形アート講師は国内外で1000名を超える。著書「親子で楽しむ手形アート」はアジア5カ国でも翻訳され、国内外で人気を博している。


2019/08/11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部