話題・時事ネタ

週末は子どもとお出かけ!大満足な遊び空間が中山競馬場にオープン

子どもを楽しませるために、お休みの土日は公園や児童館で過ごすというパパ・ママは多いのでは?でも、正直言って大人は手持ちぶさただし、子どもも毎週では飽きてしまう…。そこで、ファミリーで楽しむ土日の過ごし方として1度は行ってみたいのが競馬場です。
“競馬場なんて大人の場所でしょ”とは過去のイメージ。最近は子ども向けのイベントが開かれたり、楽しい遊具も置いてあることもあり、ファミリーで楽しめる場所なのです。
中でも今注目なのが、中山競馬場(船橋市)に9月7日(土)にオープンする「うまキッズルーム」。
そこでイクシルでは8月22日(木)に開かれたオープン記念イベントを取材しました。当日は、ゲストに千葉キッズ応援大使・ふなっしーと、保育士の資格もお持ちのフリーアナウンサー・吉田明世さんが登場しました。

トークセッションでは、ゲストが幼少期の家族の思い出を披露

うまキッズ応援大使のふなっしーと、吉田明世さんはエプロン姿で登場。親子で楽しめる遊び場ということで、吉田さんの幼少期の写真を初公開。当時の家族の思い出として、毎年、家族でスキーに行っていたエピソードを紹介しました。
一方、年齢1881歳のふなっしーに幼梨(?)期の写真はなく、なぜか海でカニをよく食べていたとコメントし、笑いを誘っていました。

キッズ記者がガチで質問!ふなっしーの芸能界の友人も明らかに

続いて中山競馬場の腕章をつけた“キッズ記者”が、ゲスト2人への囲み取材を敢行。「アナウンサーになるにはどうすればいいですか?」という質問に「子どものうちはいろんなところに行って、遊んで、たくさん経験して、楽しんだほうがいいよ」と真剣にアドバイスする吉田さん。
ふなっしーは、「テレビに出ている人で友達は?」という質問に「さかなクン」と回答。意外な友人関係も明らかになりました。

ss_nakayama2_LL.png
人工芝のアクティブエリアは元気なお子さんも満足

ss_nakayama3_LL.png
パズルなど知育を使った遊びも!

ss_nakayama4_LL.png
ハイハイ&よちよちエリア。クッション性のある人工芝がウレシイ

うまキッズルームに地元の園児たちは大喜び!

イベントでは、ふなっしー&吉田さんと、地元の幼稚園児たちが遊ぶ時間も設けられました。園児たちはゲストと、うまキッズルームに大興奮!すべり台をすべった後は、別の遊具によじ上り、次の瞬間にはお友達を呼んで、おままごとに興じたり、体全体を使い、思いっきり遊んでいました。
また、ゲスト二人と遊びたくてふなっしーや吉田さんの周りを囲む園児たちも…。おもちゃの食べ物で“ご馳走”したり、いっしょに遊ぼうと大型遊具に誘ったり、ふなっしーも吉田さんも、子どもたちに負けないぐらい楽しそうでした。

ss_nakayama5_LL.png

雨の日でも退屈しない!ファミリー向けの大規模な遊び場空間

「うまキッズルーム」がオープンするのは、中山競馬場の馬場内にあるエリアです。一歩、足を踏み入れた瞬間に広々として明るい空間が広がっていて、「今度、子どもを連れてきたい!」と取材者自身も思ってしまいました。
人工芝上に置かれたカラフルな大型遊具、おままごとができるかわいいお家、ブロックのエリアに機関車と、子どもが目を輝かせそうな遊具がいっぱい!ベンチも多く、パパ・ママが見守れる居場所も配置されています。

ボーネルンドがプロデュース。赤ちゃんやママへのきめ細かな配慮も

「うまキッズルーム」は、3歳以上の子どもが満足できるアクティブエリアから、6~24ヶ月の子ども専用のハイハイ&よちよちエリアが設けられています。
また、トイレもカラフルでかわいい子ども用を設置。さらにおむつを替えるスペースや授乳スペースも完備されています。
プロデュースしたのは親子の室内あそび場「キドキド」でおなじみのボーネルンド(*1)。“こころ・あたま・からだのすべてを使って楽しもう!”がテーマです。室内なので、天候を気にせず遊べるし、利用料が無料というのも子育て世代にはうれしい、新しい遊び場です。

ss_nakayama6_LL.png
赤ちゃん連れのママも助かる。調乳専用浄水給湯器

ss_nakayama7_LL.png
おむつ替えスペースも

フリーアナウンサー吉田明世さん「子どもたちのエネルギーたくさんもらいました!」

ss_nakayama8_LL.png

イベント終了後、保育士の資格をもち、1歳の娘さんもいらっしゃる吉田さんに「うまキッズルーム」の感想を聞いてみました。

Q.競馬場にあるキッズルームと聞いていかがでしたか?

「こんなにきれいで開放的とは思っていなかったので、驚きました。大型遊具から、小さな子も遊べるスペースも揃っていて、よく考えられた遊び場だと感じました。アクティブな遊具からパズルなどもあるし、活発な子もおとなしい子も楽しそう。兄弟で来ても、どっちの子も飽きることなく遊べそうですね。
ベンチもたくさんあるので、子どもを見守る親御さんにとっても居心地がよさそうです。」

Q.今日は、園児たちと楽しそうに遊んでいましたね?

「子どもたちのエネルギーをいっぱいもらいました。遊んでみて感じたのは、人口芝のクッション性など、子どもに配慮した遊び場だということ。
また、子どもたちには広くて、親にとっては目配りができる、ちょうどよい広さだと思いました。」

現在、1歳の娘さんがいる吉田さん。
「ぜひ連れてきて遊ばせてあげたいと思いました。」とママの顔に戻った感想も!

中山競馬場は、「うまキッズルーム」で遊ぶほか、広い競馬場内や競走馬を眺めるのも子どもたちにとっては素敵な体験になりそう。
今度のお休みには、家族そろって中山競馬場に足を運んでみてはいかがでしょうか。

【中山競馬場へのアクセス】
JR 船橋法典駅から徒歩約10分
JR 西船橋駅からバスで約15分
京成東中山駅からバスで約10分

【うまキッズルーム 概要】
●利用料金:無料※中山競馬開催日は別途入場料200円がかかります。(15歳未満は無料) ●営業日:中央競馬開催日(原則土・日) ●営業時間:10:00~15:45(45分完全入替制/9:30~整理券配布) ●対象年齢:6ヶ月~12歳 ※ご利用には保護者の同伴が必要です ●詳細:現地に掲示されているご利用ルールをご確認の上、ご利用ください

うまキッズルーム

2019/09/02

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

イクシル編集部