調査・アンケート

調査で判明!幼保無償化に期待するものとは?

「幼児教育・保育無償化制度」についての調査を実施

総合人材サービス、パーソルグループのパーソルキャリア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:峯尾太郎)が運営する転職サービス「doda(デューダ)」は、2019年10月1日(火)より施行される「幼児教育・保育無償化制度(以下、幼保無償化)」について、全国20~40代の働きながら子育てをする男女(以下、ワーパパ、ワーママ)600人を対象に調査を行ないました。
家庭の時間と仕事の時間のバランスや、幼保無償化への期待についてなど、ワーパパ・ワーママはどのように感じているのでしょうか。

「幼保無償化」について

幼保無償化とは、幼稚園や保育所に通う3~5歳のすべての子どもと、保育所に通う0~2歳の住民税非課税世帯の子どもに対して、幼稚園・保育所などの利用料を政府が補助する制度のことです。本施策を通じて、政府は子育て世代を応援し、子育て世帯の負担を軽減することで少子化に歯止めをかけることや、すべての子どもたちが質の高い教育を受けられる社会の実現を目指しています。

ワーパパ・ワーママの約1割しか家庭の時間が十分に取れていない

働きながら子育てをし、「家庭の時間を十分に取れている」と回答した人は約1割(14%)にとどまり、さらにほとんどの人が「子どもとの触れ合いの時間」や「自分のための時間」が十分に取れていないと考えていることが分かりました。現在取れている家庭の時間は3.3時間、本当は取りたいと思っている家庭の時間は5.3時間とギャップは2時間あることが分かりました。「家庭の時間を増やすために仕事の時間を減らしたい」と思う人は7割以上(70.6%)という結果になりました。
このような結果から、家庭の時間を取りたいと考える人が多い中で、仕事の忙しさなどから、十分に時間を取れていない人が多数いることがうかがえます。

幼保無償化により、「家庭の時間を取るために仕事を減らしたい」

また、幼保無償化の補助金の使い道として、約7割(71.6%)が「子育ての費用に充てたい」と答え、約5割(56.1%)の人が「貯金をしたい」と答えるなど、金銭面でのメリットを期待する声が多い結果になりました。一方で「その分仕事を減らして家族の時間を増やしたい」と考える人が約2割(23.0%)いることが判明。幼保無償化には、金銭面以外にも、家庭の時間を取るために役立てたいという隠れたニーズがあることも分かりました。
しかし、幼保無償化によって「仕事の時間を減らすことが出来る」と思っている人は1割にも満たない(4.1%)と、非常に少ない結果に。

「doda流パパママ働き方改革」を開催!

今回の調査結果を受けて「doda」は、9月25日(水)に、「doda流パパママ働き方改革」を実施します。パーソナルキャリア在籍のフルタイムで勤務するワーパパ・ワーママに、普段より多くの家庭の時間を作り、子どもとの時間を増やすことを実践してもらう企画となっています。
幼保無償化は、“金銭的なメリット”が注目される傾向にありますが、“働く時間に対するニーズ”があることに注目し、自分らしい“はたらき方”を叶える提案をしたいと企画されました。
この企画により、ワーパパ・ワーママの時間確保に向けた動きが加速することで、家族、特に子どもとの時間や自分の時間を増やし、より一層仕事とプライベートが両立できる環境を作り、“自分らしくはたらくこと”を考えるきっかけになるようにという願いが込められています。

調査概要
・調査期間:2019年8月2日~6日
・調査対象:全国のフルタイムの会社員、共働き夫婦、幼保無償化の対象家庭20~40代男女計600人
・集計方法:分析においてはウエイトバック集計を行ない、総務省「労働力調査」2018年全国を性年代別、雇用形態別割合にあわせて補正したうえで分析することで、妥当性を担保しています。
・調査方法:インターネットによるアンケート回答方式

参考サイト
パーソナルキャリア株式会社プレリリース


2019/09/16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部