話題・時事ネタ

オーガニック防虫成分100%の衣類防虫剤とは?

ライフスタイルに浸透しつつあるオーガニック製品

近年、私たちの身のまわりでは、生活や美容グッズ、食品において化学肥料や農薬を使わずに育てられた作物や畜産物を使用したオーガニック製品が増えてきていると同時に、オーガニックはライフスタイルに浸透しつつあります。
今回は、オーガニック製品の人気の理由とおすすめの商品をご紹介するとともに、ホームケアの達人に聞いた、「衣類防虫剤の賢い使い方」についてもご紹介します。

オーガニックについて正しく理解してる?

そもそも、オーガニックとはどのようなものなのでしょうか。
「オーガニック」とは農薬や化学肥料を使わず、自然の恵みを生かした加工方法のことを言います。また、オーガニックという表示をするには、各認定機関により基準は異なりますが、「3年以上農薬、化学肥料を使用していない農場で栽培され収穫されたもの」「オーガニックの条件を満たした原料で、添加物などを使わずに作られた加工品」「栽培、加工、流通などすべての段階で、認証機関などの第三者が厳しくチェックしたもの」など、一定基準があります。
「ボタニカル」もよく目にしますが、こちらは栽培方法にこだわってない植物から取り出した成分なので、オーガニックの方がより厳しい条件で作られたものから抽出しているという違いがあります。

なぜオーガニックが好まれるの?

近年では、製品や成分に関して危険であるという情報を手軽に知ることができるようになり、より安全性を求める小さなお子さまやペットがいるご家庭、薬剤に敏感な方々から、オーガニック製品は認証機関などの第三者の厳しい審査を通っているため、安全・安心であるということから好まれています。
また、矢野経済研究所の調査によると、化粧品に対する安全、安心の高まりや、エコ(Ecology)やロハス(LOHAS)など環境を意識したライフスタイルを志向する消費者の増加、敏感肌を自覚する女性の増加などを背景に、日本の自然派・オーガニック化粧品市場は拡大を続けています。

注目のオーガニック製品、1つ目は“奇跡のお米”

数あるオーガニック製品の中から、今注目を集めているものをご紹介します。
まず1つ目は、有機肥料さえも使用していない自然栽培をした“奇跡のお米”「ナチュラル朝日」です。世界で初めて、肥料も農薬も使わずにリンゴ栽培を成功させた「奇跡のリンゴ」の生みの親として知られる木村秋則氏が直接指導、「NPO法人岡山県木村式自然栽培実行委員会」が認める岡山県契約農家が作った、農薬も化学肥料も、そして有機肥料すら使わない「究極の安心・安全」のお米です。

“有機JAS認定”の即席みそ汁

2つ目にご紹介するのは、有機JAS認定の味噌も具も有機の即席みそ汁です。
こちらは、オーガニック味噌シェアNo.1のひかり味噌から2019年の8月26日に発売されたオーガニックの即席みそ汁です。丁寧に仕込み、熟成させた有機白味噌と赤味噌を合わせ、優しくなめらかな味わいのみそ汁に仕上がっています。具は、有機とうふと有機ねぎを使用しており、化学調味料不使用です。

“「ECOCERT」認証取得“のオーガニックシャンプー

3つ目は、フランスを本部とする国際有機認証機関「ECOCERT」*の認証を取得した、地肌と髪の未来を守るオーガニックシャンプーです。
ダメージヘア、エイジングケアの観点を中心に、地肌の美しさを導く成分を配合。良質なオーガニック&ナチュラル由来の原料素材を厳選し、原料素材本来のテクスチャーが楽しめます。地肌、毛髪、手指、地球環境すべてに優しいのはもちろんのこと、飽きのこない使い心地です。さらに、製品製造工程だけではなく、原材料の製造過程や容器材料にもこだわっています。

“100%オーガニック防虫成分”の衣類防虫剤

最後にご紹介するのは、こだわりのオーガニック防虫成分100%の「衣類防虫ケアnatuvo organic100」です。「ECOCERT」の認証を日本で初めて取得。さらに、3年以上農薬や化学肥料を一切使わず育てたオーガニック植物から抽出した精油が、大切な衣類を防虫、芳香、消臭してくれます。
化学薬剤使用のものと比べてお肌や環境への負荷を配慮して作られているので、化学成分に敏感な人や、肌の弱い人にも安心して使うことができ、ベビー・子供服の保管にも最適です。お子さまを含めて家族みんなで安心して使うことができます。
こだわりの成分によって、香りが鼻にツーンとくることはなく、上質で爽やかな香りも特徴です。
また、中身だけではなくパッケージにもこだわり、紙を使用することで環境にも配慮したデザインになっています。
バラエティショップやオーガニックストア、ECサイト(Amazon、楽天市場)などで購入が可能です。

ホームケアの達人に聞く!衣類防虫Q&A

Q.実際どのくらいの割合の人が虫食いの被害にあっているの?
A.アース製薬の自社調査によると、約60%の人が衣類の虫食いの被害にあっています。

Q.衣類に穴をあけるのはどのような虫?
A.代表例は「イガ類」です。イガとコイガがイガ類に分類され、幼虫は4.0㎜程度、成虫は10~14㎜程度です。屋外ではツバメの巣等にもいる身近な害虫です。

Q.イガ類の生態は?
A.イガ類の産卵時期は5月~10月、幼虫期間はイガが1~2ヶ月、コイガは約1ヶ月です。最適な活動温度は25~30℃ですが、15℃以上で活動することができます。

Q.イガ類はどのような衣類を好む?
A.とても贅沢な虫で、衣類はウールと化繊があればウールを好み、ウールとカシミアだとカシミアを好むなど、かなり高度な選別能力を持っています。また、化繊でも食べこぼしや汗染みなどがあるとそこに栄養源があるため、かじることがあります。

Q.防虫剤の賢い使い方は?
「引き出し・衣装ケース」の場合
A.①衣類の一番上に置く
タンスの引き出しや衣装ケースなどで使用するときは、衣類の下に入れるのではなく、衣類の一番上に置きます。防虫剤は気化することで引き出しや衣類ケースの中に充満し効果を発揮しますが、防虫成分は空気より重く下に落ちていくためです。
②衣類を引き出しや衣装ケースに詰め込み過ぎない
衣類を詰め込み過ぎると、防虫成分が広がりにくくなり効果が弱まるため、衣類の詰め過ぎには注意が必要です。
「クローゼット」の場合
A.ハンガーパイプに衣類を均等にかける
防虫剤の成分をしっかり行き渡らせるためには、ハンガーパイプに衣類を端に寄せたり一か所にまとめてかけたりせずに、均等にかけることがポイントです。

Q.オーガニックでなぜ防虫できるの?
A.植物は害虫などから身を守るための揮散性物質を作っています。「衣類防虫ケアnatuvo organic100」は、オーガニックの植物精油に含まれる「植物が身を守る力」を用いて、衣類を虫から守ることができます。


2019/10/14

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部