新商品

大人も欲しくなる!可愛くて美味しい七五三の千歳飴

毎年大人気!鹿児島睦氏デザインのパッケージ入り千歳飴

「世界一おもしろいお菓子屋さん」と言われているアート・キャンディ・ショップ「papabubble/パパブブレ」では、今年も大人気の鹿児島睦氏パッケージデザインの千歳飴を販売しています。
可愛いくて美味しいから、大人も欲しくなる千歳飴です。

SS_ame1_LL.png

「世界一おもしろいお菓子屋さん」パパブブレとは?

今回の千歳飴を販売している「パパブブレ」は、2003年にトミーとクリスがバルセロナに創業しました。オープンしてから瞬く間に世界中のスイーツ好きを魅了し、今では世界30都市以上に展開しています。「世界一おもしろいお菓子屋さん」であり続けるために、さまざまなコンフィズリーを発信し続けています。

「とにかく楽しい袋にしよう」

千歳飴の袋のデザインを手がけた鹿児島睦氏は、陶器やファブリック、版画などを中心に制作を行なっています。可愛らしい動物や身近な草花をモチーフにした作品が特徴で、趣味の園芸を通じてインスピレーションを受けたものが多いとのことです。
鹿児島氏によると、千歳飴の袋のデザインにあたり、「千歳飴の固定概念で描かないように、とにかく楽しい袋にしよう。」と考えたそうです。「私自身も千歳飴の袋に描かれたおじいさん、おばあさんやイヌ、ネコたちのように仲良く過ごせたらいいなと思っています。」とコメントしています。

2019年のデザインは2種類

今年のデザインは2種類。一つはおじいさんとおばあさん、鶴と亀が描かれたもの、もう一つは犬と猫が描かれたものになっています。
パッケージのモチーフに合わせて、キャンディの柄も2種類。一つは伝統的な長寿や繁栄の意味をもつ「鶴と亀」と祝の文字、もう一つは子どもたちが大好きな「犬と猫」と梅の花のキャンディになっています。
キャンディのフレーバーは、鶴はパイン、祝はもも、亀はさくらんぼ。犬はコーラ、梅はぶどう、猫はイチゴとバラエティに富んでいて美味しいので、お子さまだけではなく大人も欲しくなりますね。

商品紹介
千歳飴(15㎝、3本入り)
価格:各1,200円
販売店舗:PAPABUBBLE全直営店、公式オンラインショップ(https://papabubble.shop)

参考サイト
株式会社PAPABUBBLE JAPANプレリリース


2019/10/24

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

ニュース編集部