子供の心

中学受験の子供のストレス、どのように解消すべき?

人生のどこかでぶつかる受験の壁。近年は中学受験が一般的になってきました。日々の受験勉強が強いストレスとなっている小学生のお子さんを心配するママに対し、看護師さんたちはどのようなアドバイスをしているでしょうか。

ママからの相談:「中学受験に向けた子供のストレスを軽くする方法は?」

息子は来年の中学受験に向けて勉強中です。ここ最近、ストレスによると思われる二つの症状に悩んでいます。一つは、髪にちらほら白髪が混じってきていること。最近は数も増え本人も気にしています。もう一つは不眠です。数日に一度のペースですが、受験や模擬試験のことを考えると眠れなくなってしまうそうです。受験までまだ一年ありますが、ストレスを軽減できる方法があれば教えてください。(40代・女性)

白髪や不眠は気にしすぎないようにしましょう

ストレスによる白髪は、気になるならカラーリングでカバーしましょう。不眠は週に一度くらいなら心配しなくても大丈夫です。無理に寝なくても、横になっているだけで疲れは取れるものです。

白髪はストレスからのものだと思います。気になるようでしたら、カラーリングでカバーしてあげてください。髪型を変えることも気分転換になるでしょう。また、眠れないときに無理に寝る必要はありません。週に一度くらいの不眠なら心配ありません。人間の身体は疲れたら寝るものですし、横になっているだけでも疲れはとれます。(産科看護師)

勉強から離れて自由に過ごせる時間も必要です

ストレスを解消するには、日々の生活の中で気分転換できる環境を整えてあげることが大切です。勉強から離れて、自由に好きなことができる時間を設けるなどして、上手に気分転換できるようにしてあげましょう。

お子さんの好きなことや趣味があれば、自由にできる時間を一日の中で作ってあげてください。時には勉強から離れて景色のよいところへ連れて行ったり、美味しい物をお腹いっぱい食べ、気分転換をさせてあげましょう。(産科看護師)
自分で気分転換できない子供が増えています。その理由の一つは、決められたことを決められた通りにしようとするあまり、自分の考えがなくなってしまうからです。そういう子供は多くが中学生頃から精神的症状や不眠を訴えます。そうならないためにも、本当の意味で休養をとることが必要です。勉強をする空間のない所へ気晴らしに出かけたり、趣味の話ができるような生活環境を整えてあげてください。(内科看護師)

子供の逃げ道を作って、大らかに見守りましょう

受験は大きなプレッシャーですが、どのような結果であってもよいという逃げ道を示し、大らかな気持ちで子供の不安を受け止めて見守りましょう。

受験のプレッシャーは誰でも経験することですし、それを乗り越える精神力も必要です。あまり神経質にならず、周りが過剰に期待しないようにし、もし受験に失敗しても恥ずかしくないこと、他にも進む道があることなど、お子さんの逃げ道を作ってあげましょう。お子さんが不安定になっても、お母さんは大らかな気持ちで見守り、何があっても受け止める気持ちでどっしりと構えていてください。(産科看護師)

中学受験のストレスを解消するには、勉強から離れて趣味や外出など自由に過ごせる時間を設けるなどし、上手に気分転換をさせてあげることが大切です。受験は子供にとって大きなストレスですが、お母さんがどっしりと構えてお子さんの不安を受け止めてあげましょう。


2015/06/18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)