無痛分娩

無痛分娩ってどれくらい痛い?リスク、副作用について

日本では自然分娩が主流ですが、欧米では麻酔薬などを利用した無痛分娩が多いそうです。痛みやリスク、副作用など、無痛分娩についての質問に、看護師さんたちはどのように答えているでしょうか。

女性からの相談:「無痛分娩の痛みやリスク、副作用について教えてください。」

無痛分娩について教えてください。日本では痛い思いをして産むのが普通と考えるようですが、欧米では無痛分娩が主流だそうです。痛みは不安なので無痛分娩も興味がありますが、楽して産んだと思われたりするのも嫌ですし、リスクや副作用などもわかりません。無痛といってもやはり痛みはあるとか色々な話を聞くので、実際はどうなのか教えてください。母体のリスクが減るのであれば無痛分娩も視野に入れたいです。(30代、女性)

無痛分娩のリスクについて

無痛分娩では、いきみにくかったり、ママに麻酔の副作用が出ることがありますが、赤ちゃんへの影響はほとんどないようです。また、無痛といっても、まったく痛みがないわけではありません。

無痛といっても、ある程度の陣痛の痛みがあります。赤ちゃんへの影響はほとんどありませんが、痛みが和らぐためお母さんがいきむタイミングがつかみにくかったり、いきむ力が弱くなって分娩に時間がかかることがあります。また、麻酔薬の副作用で、頭痛や吐き気が起きたり、分娩後に足に力が入らず一時的に歩けなくなることなどがあります。(産科・婦人科看護師)
麻酔薬の副作用は一時的なもので、時間の経過で改善しますし、症状の強弱は個人差があります。アメリカのデータでは目立った問題は起きていないという報告もあります。(産科・婦人科看護師)
無痛分娩は、点滴で痛みどめを注入する方法と、背中の硬膜外という所にチューブを入れて麻酔薬を注入する方法があります。点滴での投与の場合、分娩中に眠くなって、うまく力めないこともあります。硬膜外麻酔の場合、硬膜外は神経の集まるデリケートな部分で、わずかなチューブのずれでも麻痺や神経障害を起こす可能性があります。そのため、高度な技術や専門の知識を必要とし、麻酔科の医師が行うことが一般的です。(産科・婦人科看護師)
麻酔が効きにくい人がまれにいて、そういう人は普通分娩になることもあります。(手術室看護師)

分娩方法は、相談して検討を。

ママの状況によっては無痛分娩を選択できないこともあります。また、どんな出産でもリスクはつきもの、よく相談して検討するようアドバイスがありました。

リスクを考えると自然分娩のほうが安全ですが、分娩はその時にならないと何が起こるかわかりませんし、どんな方でもリスクはつきものです。無痛分娩した方は、痛みが和らぎ分娩が楽だった、産後の回復が早かったという感想もあります。お母さんに背骨の変形や、神経の異常がある場合には無痛分娩ができないこともあります。どのような分娩方法を選ぶかは、家族や主治医とよく相談して検討してください。(産科・婦人科看護師)

無痛分娩でも、ある程度は陣痛の痛みを感じます。ただし通常よりも陣痛が和らぐため、いきむタイミングなどに影響は出るようです。麻酔薬の副作用もありますが、個人差があり、症状も一時的なようです。どんな分娩法でもリスクはあるので、よく相談して検討するとよいでしょう。


2015/06/27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)