帝王切開

2015/06/29

初産が帝王切開、次は自然分娩できる?専門家の見解

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

初産が帝王切開、次は自然分娩できる?専門家の見解

帝王切開を経験すると次の出産でも帝王切開になるというのは、よく耳にしますが、どうしてでしょうか。自然分娩を希望している妊婦さんの質問に、看護師さん達の答えとは。

分娩方法についての質問:「第1子を帝王切開で産んだら、次も帝王切開になる理由は?」

私は3年半前に第1子を出産しました。予定日を過ぎても産まれる気配がなく、様子を見ていましたが、42週を過ぎ羊水も減ってきました。子宮口も全く開かず、陣痛促進剤を使っても難産になるということで、急遽帝王切開になりました。そろそろ第2子をと考えていますが、第1子を帝王切開で産むと、第2子も帝王切開になると聞きます。理由は何でしょうか。一度くらいは自然分娩を経験してみたいと思っています。(30代、女性)

子宮が裂けるリスクを避けるため、帝王切開を勧めるようです

帝王切開を勧めるのには、子宮が裂ける危険性を避ける、難産の可能性があるなどの理由が挙げられます。

初産が帝王切開の場合、子宮に傷があるわけですから、胎児が大きくなって子宮も大きくなると、傷のために子宮が破裂する危険性があること、1人目が産道を通っていないため、初産と同じように産道が硬く、難産になる可能性があるため、帝王切開を勧める場合が多くなります。(産婦人科看護師)
逆子など胎児の位置や、胎盤の位置、微弱陣痛や破水しても陣痛が起こらない場合、予定日を2週間過ぎても陣痛が起こらない場合など、母子ともに危険性があるときや、分娩の進行に緊急を要される時には帝王切開が優先されます。(産婦人科看護師)
帝王切開をされた場合は、子宮に傷ができています。自然分娩でいきむと、その傷から子宮が裂けてしまうことがあるので、帝王切開を経験された方はその後も帝王切開を勧める医師が多いのです。(一般内科看護師)

自然分娩も可能ですが、危険も。主治医とよく相談を

子宮破裂のリスクは0.5~1%と低く、前回から3年以上経過していることから、自然分娩も可能という意見もありました。

傷に関しては3年以上経過していますし、子宮破裂のリスクは0.5~1%くらいですから問題ないかと思いますが、低い確率でも起こる可能性があるわけです。万が一、子宮破裂した場合、母子ともに命の危険にさらされます。自然分娩できるかどうかの判断は、胎児の状態や妊娠の経過によって医師が判断します。分娩までに主治医とよく相談してください。(産婦人科看護師)
できれば自然分娩できるように、体重の増加を最小にし、足腰を鍛える体操やストレッチを無理のない範囲で心がけて下さい。妊娠後期には、四つん這いで床を拭く、あぐらをかくなどして股関節を柔らかくするようにして下さい。(産婦人科看護師)
いざ自然分娩に取り組んでも、緊急に帝王切開になることや、自然分娩したくてもできない状況があることは理解してください。(産婦人科看護師)
帝王切開を経験しても自然分娩で出産することは可能です、ご本人と主治医の先生の考え方次第です。自然分娩で母子に危険が及ぶような場合はすぐに帝王切開に切り替わることに同意できるのでしたら、自然分娩も問題ないと思われます。(一般内科看護師)

第1子が帝王切開でも、必ずしも第2子を自然分娩できないわけではないので主治医に相談してみましょう。しかし、母子の命を守るため帝王切開となる場合もあることを理解しておくことも大事です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加