卒乳

卒乳のタイミングと方法は?専門家に聞いてみた

母乳育児ではおっぱいを何歳までにどうやって卒業させるのかも、ママの悩みの種になります。卒乳を考えているママからの相談に産婦人科の看護師さん達の答えは?

卒乳についての質問:「おっぱいを卒業するのにベストの時期や方法は?」

10カ月の娘がおります。完全母乳で、現在2回食から3回食へ増やそうとしている段階です。ミルクは全く飲まず、水や麦茶を飲ませています。眠い時やお風呂あがり、夜中は母乳を欲しがるのであげていますが、歯が6本生えているので痛いです。また、2人目を考えているので、母乳を卒業させる準備をしたいとも考えています。母乳を卒業させるにはどんな方法がいいのか、いつまであげるのがベストなのか知りたいです。(20代・女性)

おっぱい以外で水分と栄養がとれているかを目安に

最近は赤ちゃんが自然におっぱいから離れる卒乳が理想と言われています。母乳以外で水分と栄養がとれていれば準備を始めても。

赤ちゃんからおっぱいを卒業する時期を判断することを卒乳、お母さん側から止める判断をすることを断乳と言います。いずれも離乳の目安が3つあります。1つ目は立って歩き、外遊び中心の生活ができている、2つ目はストローやコップで水分が飲める、3つ目は離乳食が3回食になっているということです。(産婦人科看護師)
1歳を過ぎると母乳を飲むのが目的でなく、安心感を求める場合が多いので、2歳位まであげてよいという考えも多くなっています。最近は自然に離れる卒乳が理想とされています。断乳する時は、母乳以外で食事や水分がとれていることが前提です。(産婦人科看護師)
2歳前に(卒乳が)完了するとお母さんの疲労も少なくなると言われていますが、親の考えやお子さんの成長発達の程度にもよります。お互いにストレスが生じないというのが1番です。すでに歯も生え、授乳に痛みを伴うのならば、断乳の理由になると思います。(産婦人科看護師)

食事を楽しく感じるのが第一歩。断乳時には子供に説明も

突然、何も言わずに授乳をやめると子供を不安にさせてしまうことがあります。わかりやすく話してあげましょう。

食事を進んで食べるようになると、授乳回数も減り、自然に卒乳の流れに乗ることもあります。食事が楽しくなる工夫と無理に食べさせないことが大切です。(産婦人科看護師)
お子さんは寂しい時などもおっぱいを求めてきます。欲しがる時は拒否せず、授乳前におっぱいを触らせるなどすれば、(授乳しなくても)安心するかもしれません。また「そろそろ止めようか?」など、お子さんに心の準備をさせてください。卒乳には個人差がありますし、自我が目覚めれば離れていきます。(産婦人科看護師)
断乳を決めたら、お子さんにきちんと説明をしてあげましょう。1歳を過ぎれば周りの言うことが理解できるようになってきます。断乳の日を事前に決め、お子さんと一緒にシールをはるなどしてカレンダーに印をします。
「おっぱいは、もうバイバイするね」などと解りやすく伝えましょう。急に何も言わずやめると、お子さんの情緒が不安定になり、うまくいかない場合もあります。また、お子さんが泣いて欲しがっても母乳を与えないことが重要です。(産婦人科看護師)

母乳以外で栄養と水分がとれているなら、卒乳に問題はないようです。お子さんが不安にならないよう事前に説明してあげることも大切です。


2015/07/03

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)