アレルギー検査

6カ月の乳児でも食物アレルギーの検査は受けられる?

離乳食が始まると気になるのが食物アレルギーです。パパやママにアレルギーがあると子供に遺伝しているかもしれないと心配になることも。ママからの相談に看護師さん達の答えは?

ママからの質問:「症状がなくても食物アレルギーの検査は可能?」

私は食物アレルギーがあり、妊娠前から蕁麻疹が出ることがありました。受診時にアレルギーの血液検査を受けたいと申し出ましたが、高額で原因が特定できないことも多いから勧められないと言われました。出産後6カ月たち、蕁麻疹が出たので受診した別の皮膚科でも検査は受けられませんでした。食物アレルギーは遺伝すると聞くので、離乳食で娘に症状が出ないか心配です。症状がなくても娘は血液検査を受けられますか。(30代・女性)

症状がない状態で食物アレルギーの原因の特定は困難

食物アレルギーの検査は数百種類の項目があるため、症状がない状態では原因を特定するのは難しいようです。

食物アレルギーには速効型と遅延型があり、速効型はすぐに症状がでるので原因を特定しやすいのですが、遅延型は数日してから起こることがあり、原因の特定が難しくなります。(産婦人科看護師)
抵抗力が弱っている時にだけ症状が出ることもあり、原因がわからないので検査を拒否されたのかもしれません。また、アレルギー検査は症状が出ていなければ保険が適応されない場合があり、その際は高額になります。(産婦人科看護師)
アレルギー検査は数百種類の項目の検査が可能で、一度に調べられるのは数種類までと決められています。その中から原因を特定するのは困難ですし、常にアレルギーが出るわけでなければ、抗体価自体も低めで、確定診断には欠けることも予想されます。(皮膚科看護師)

乳児のアレルギー検査は6カ月以降に。離乳食の食材は一品ずつ、少量を

乳児のアレルギー検査は小児科で受けられるそうです。また、アレルギー体質が遺伝しても必ずしも親子で同じものに症状が出るわけではない場合もあります。

子供のアレルギー検査は、離乳食が始まった6カ月以後が良いとされています。それ以前ではアレルギー検査の信頼性が低いからです。ただ、あまりにアレルギーを引き起こす対象が多く、起きていないものに対して検査を行っても、アレルゲンとなるものを特定し難いと思われます。(皮膚科看護師)
乳幼児の場合、離乳食で初めて口にしたもので発疹が出た時にアレルギーの検査をすることが多いです。初めて食べさせるものは、一食で1つずつにし、朝・昼食で摂ると症状が出る食物をある程度特定できます。アレルギー検査は小児科で受けられるので、相談してみてください。(皮膚科看護師)
アレルギー体質は遺伝します。両親がアレルギー体質なら50%、母親だけなら30%、父親だけなら、確率はそれよりも低くなります。しかし、必ず親と同じものにアレルギーを起こすわけではなく、親が食物アレルギーでも子供は食物には反応せずに喘息だったりと、アレルギー体質だけを遺伝するケースあります。(産婦人科看護師)
子供のアレルギーは成長とともに改善する場合も多く、体質よりも食生活や生活環境を重視する考えもあります。心配なものは少量を食べさせ、様子をみて下さい。(産婦人科看護師)

離乳食では初めての食材を一食で1品ずつにするとアレルギー症状が出るものを特定しやすいようです。検査については小児科で相談してみましょう。


2015/07/04

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)