卒乳

2015/07/05

3才8カ月でまだおっぱい?卒乳の時期について

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

3才8カ月でまだおっぱい?卒乳の時期について

母乳育児の場合、肌と肌を密着させることは親子のスキンシップになり、栄養面以外にも大きなメリットがあります。しかし卒乳をするのが難しいこともあるのですが、看護師さんたちは何と言っているのでしょうか。

卒乳の時期についての相談:「自然卒乳をさせたいが、おっぱいを与え続けるのはよくない?」

3才8カ月の娘はまだ家ではおっぱいを欲しがり、寝る時は未だに添い乳です。私がいない時はおっぱいなしでもOKですが、私がいるとおっぱいを欲しがって泣きます。姑からはいつまでもおっぱいをあげるのはおかしいと言われますが、心の栄養であり最高のスキンシップを拒否する方が悪影響だと思います。私は娘がいらないと言うまで続けたいですが、よくないのでしょうか。(20代・女性)

考え方は人それぞれ

卒乳の時期については、人により考え方が違うようです。子供が納得するまで続けてよいという意見もあれば、きちんと説明して卒乳させた方がよいという意見もあります。

未だにおっぱいを欲しがるのは、ママとのコミュニケーションを求め安心したいからです。おっしゃる通り心の栄養で最高のスキンシップなので、お子さんが離れるまで続けてあげてください。(産科看護師)
外でおっぱいを求めないのは、本人も恥ずかしいとわかっているのでしょう。もう話を理解できる歳なので互いにやめる時期を相談するのが一番ですが、主導権を持っているのはママです。やめると決めたら一貫した姿勢で、お子さんに接してあげてください。卒乳は寂しいことかもしれませんが、お子さんだけでなくママにとっても大きな節目です。互いに成長を認め合う、非常によい機会だと思います。(小児科看護師)
精神面の問題だけでなく、母乳により日常生活に支障が出ることもありますし、夜の授乳は虫歯に繋がります。就寝前に歯磨きをしても、夜中に授乳すれば意味がありません。(小児科看護師)

子供に卒乳を促す方法

ママが卒乳を決心した場合、子供に対しどのようにアプローチすればよいのか、以下のアドバイスを是非参考にしてみてください。

おっぱいの話が出ると恥ずかしいという反応を示す子供も増える頃なので、なるべく多くの同年齢の子供達と関わる機会を増やしましょう。その中で周囲の反応を気にするようになり、またお子さん自身も成長すると思います。(内科看護師)
子供は嫌なことは避けたいのが当然です。私は小児科で子供たちに注射などの処置をする際は、初めに必ず本人が理解できるように説明します。納得しないままに行うと上手くいかないこともあるので、時間はかかってもこの作業を省くことはしません。嫌なことでも、なぜそうしないとダメなのかを大人が示すことでその理由がわかると思うので、しっかりと話してあげてください。(小児科看護師)
おっぱいを求めて胸に手を伸ばして来たら、背中に手をまわしてギュッと抱きしめてあげるのもよいですし、一緒に遊んだり絵本を読むなど何かおっぱいに代わるスキンシップ法を見つけてみてください。(小児科看護師)
子供は何かに夢中になると気持ちがそちらに向くので、おっぱいの方に意識が向き始めたら、声をかけたり好きなことに集中させるのも効果的です。(内科看護師)

卒乳に関しては様々な意見があるようです。しかし夜の授乳は虫歯にもつながるので、卒乳について親子で話してみるよい機会でもあるといえます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加