離乳食

2015/07/15

離乳食の進みが遅い9ヶ月の乳児…このペースで大丈夫?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

離乳食の進みが遅い9ヶ月の乳児…このペースで大丈夫?

小食、遊び食べ、食べ過ぎなど、ママにとって離乳食の悩みは尽きません。月齢のわりに離乳食の進みが遅い我が子を心配するママに対し、看護師さんたちはどのようなアドバイスをしているでしょうか。

ママからの相談:「離乳食の進みが遅いことに悩んでいます」

9ヶ月になる息子の離乳食がなかなか進みません。ついこの前まで全く食べなかったので、少しでも食べるようになっただけよいと思いますが、まだすりつぶしたものしか食べず、自分から食べようという意欲もありません。ある程度食べると母乳を飲みたがるので、もう少し食事自体に興味を持ってもらいたいです。あと3ヶ月で1歳になるので、卒乳できるのかも心配です。この子のペースでのんびり進めるしかないのでしょうか。(20代・女性)

焦らず、お子さんのペースで進めていきましょう

月齢ではなくお子さんのペースで離乳食を進めていきましょう。いまは母乳が中心ですが、成長とともに食事から栄養をとるようになります。

離乳食はお子さんのペースで進めてください。1歳になったからといって卒乳する必要はありませんし、子供の成長には個人差があります。少しでも食べているのなら心配ないでしょう。離乳食は母乳が足りないときの補食と考え、離乳食を優先させる必要もありません。成長に伴い、母乳だけでは栄養が不足するので、離乳食も食べるようになるでしょう。(産科看護師)
まだ母乳で量が足りているのでしょう。そのため、お腹をいっぱいにしたい場合、今は食事よりもおっぱいを優先して欲しがるのだと思います。もう少ししたら母乳だけでは食事の量が足りなくなってくるので、本能的にごはんを食べてお腹を満たすようになります。まずは今のように、空腹になったらごはんを少しでも食べさせてから、母乳をあげるようにしましょう。食事の量は個人差もあるので、その子のペースに合わせて進めてください。(内科看護師)

離乳食を工夫したり、楽しく食べられる環境を整えてあげましょう

食事の形状を月齢よりやわらかくしたり、味付けを工夫してみるとよいでしょう。また大人と同じ食卓で食べる様子を見せ、欲しがったものを食べさせてあげるなど、楽しい食事を心がけましょう。

9か月の離乳食はバナナの硬さが目安ですが、食が進まないならもう少し柔らかくしてみてもよいでしょう。ご飯だけでなく、蒸しパンやカップケーキ、プリンなどの柔らかいものをあげてみてください。「これはジャガイモだよ。食べてみよう」などと話しかけ、楽しく食べられるようにしてあげることも大切です。子供にも好みがあるので、味付けを変えるのも一つの方法です。味を少し濃くしたり、レトルトの離乳食をあげてもよいでしょう。 (産科看護師)
食事はできるだけ同じ時間帯で、家族と一緒がよいでしょう。大人が食べているのを見ると子供は興味を持つので、大人と同じものを欲しがったら、食べさせてあげてください。食べられたら「おいしいね、よかったね」と褒めましょう。テレビがついていたり、おもちゃが側にあると食事に集中できません。「食べなさい」と強制したり、食べないからとお母さんがイライラしたり、がっかりするのもよくありません。あせらず見守りましょう。(産科看護師)

まだ母乳でお腹が満たされているのかもしれません。成長に伴い栄養が母乳だけでは足りなくなり食事も食べるようになるでしょうから、お子さんのペースで進めていくとよいようです。形状を変えたり楽しく食べられる環境を整えてあげることもポイントです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加