お腹の張り

2015/07/09

妊娠中のウォーキング…すぐにお腹が張るのはなぜ?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

妊娠中のウォーキング…すぐにお腹が張るのはなぜ?

妊娠中も適度な運動は必要ですが、すぐにお腹が張ってしまうこともあります。今回の質問者さんもそんな一人。毎日ウォーキングに励んでいた彼女ですが、最近お腹が張るようになったといいます。なぜお腹は張るのでしょうか。専門家に聞いてみました。

妊婦さんからの相談:「妊娠中期のウォーキングですぐにお腹が張ります」

毎日2時間ほどウォーキングをしていますが、7か月ごろからお腹が張るようになりました。少し休むとなおりますが、歩き出すとまた張ります。異常はないもののお腹が張ったら安静にするようにと病院で言われました。歩くとすぐ張るので外出もできず、このままでは難産になるのではと心配です。私が感じているのが本当に張りなのかもよくわからず、困っています。(30代・女性)

”張り”とは子宮収縮のこと。お腹が硬くなっていたら張っている可能性あり

お腹の張りとは子宮収縮のことです。お腹が頬よりも硬くなっていたら張りである可能性があるとの意見が寄せられました。

一般的にお腹が張るといわれるのは子宮収縮のことです。経過が順調でも20週前後からは一日に何度か子宮収縮が起こり、お腹が張るのが普通です。(一般内科看護師)
お腹が何となく重たい、ちくちくする、違和感を感じる、硬くなるなどの状態がお腹の張りです。ホルモンバランスや自律神経などの働きによるもので心配はありません。(一般内科看護師)
ベットに仰向けに寝て両膝を立てて下腹部を触ってみてください。頬の硬さよりカチカチに硬ければ、お腹の張りの可能性があります。正常ならば長くても1分以内におさまります。(一般内科看護師)
妊娠中はよくお腹の張りを感じますが、張っている時に動くと流産や早産になる可能性もあります。お腹の張りがある時は安静にしましょう。(産科・婦人科看護師)

受診が必要な”張り”も。妊娠中の運動は過度にならないよう注意を

お腹の張りには受診が必要な場合もあります。また、妊娠中の運動は家事に加えて30分ほどの散歩に留め、運動量については主治医に相談しましょう。

痛みのある強い張りが一定の周期で起こる場合、また、出血を伴うお腹の張りは子宮口が開きだしているサインで、切迫早産の兆候が考えられます。 (一般内科看護師)
運動中にお腹が張ったら、必ず安静にして収まるのを待ちましょう。張りが何度も起こるなら、主治医に張り止めを処方してもらう必要があります。(一般内科看護師)
2時間のウォーキングは少し過剰だと思います。個人差はありますが、妊婦さんの運動量の目安は家事に加えて約30分の散歩程度です。(産科・婦人科看護師)
家の中でもストレッチや軽い体操はできます。できる範囲での運動を心がけましょう。体調がよければマタニティヨガやスイミングなどもよいです。運動量については主治医と相談してください。(産科・婦人科看護師)
妊娠中の運動は出産に必要な筋肉を鍛えたり、安産につながるなど様々な効果があります。ウォーキング以外にヨガやスイミング、妊婦体操など張りが出ない運動をしましょう。(一般内科看護師)

運動中にお腹の張りを感じたら、安静にしておさまるのを待つのがよいようです。場合によっては病院を受診するようにしましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加