発達の遅れ

2015/07/11

返事ができない子供…専門機関に相談すべき?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

返事ができない子供…専門機関に相談すべき?

子供は成長と共に、徐々に高度なコミュニケーションができるようになります。ところが子供が返事ができないことに心配なママから相談がありました。看護師さんたちはどのように答えているでしょうか。

ママからの相談:「返事をしない2歳の子供。専門機関に相談したほうが良い?」

2歳7カ月の子供のことです。話をしたりコミュニケーションもとれますし、同年代の子とも仲良くしているようです。ただ、名前を呼んでも返事をしません。幼児教室の出席で名前を呼ばれると、手を挙げたり、かすかに「はーい」と返事をすることはあります。理解力はあるので「名前を呼ばれたら、はいと言うのよ」「お返事は?」などと声をかけますが、知らん顔です。専門機関に相談した方がよいでしょうか。(20代、女性)

返事をしやすい呼びかけをしてみて

名前を自覚できていない、恥ずかしいなど、返事をしない要因は複数考えられます。子供が返事をしやすくなるよう、呼びかける時のポイントについて教えてくれました。

お子さんを呼ぶ時に、例えば名前がたくやなら「たっちゃん」「たくや」など、その時々で呼び方を変えていませんか。自分の名前が自覚できず、混乱しているのかもしれません。名字を含めたものや、名前+君、ちゃんまでを自分の名前と認識していることもあります。ばらばらの呼び方ではなく、家族みなさんが統一した呼び方をしてみてください。(精神科看護師)
他のことに夢中になっている時は、読んでも振り向きません。自分の名前が呼ばれるのが恥ずかしいこともあります。幼稚園に通うようになり、より多くの人から呼ばれるようになれば、自然に自覚できるようになると考えますが、心配でしたら健診の際に相談してみてください。(精神科看護師)
声をかける時は、テレビなどの音を消して集中できる環境を整え、返事があるまで待つようにしてみてください。挨拶も、本人が返すまで何度も声をかけてみてはいかがでしょうか。また、名前を呼ばれた際には、お母さんも一緒に大きな声で返事をしたり、家庭でも大人が意識的に大きい声であいさつをするようにして、良い見本になってみてください。(小児科、精神科看護師)

不安があれば、相談の検討を

返事ができないのは、耳の病気の可能性も考えられます。療育についてもアドバイスをしてくれました。であるという可能性もあるそうです。療育についてもアドバイスをしてくれました。

上手く聞きとれていない可能性も否定できません。耳の病気で滲出性中耳炎という聞こえが悪くなるものがあります。この病気になると、返事ができない、反応が遅い、テレビや音楽の音量や声が大きい、音に鈍感になるお子さんが多いです。耳鼻科で一度、検査を受けることをお勧めします。(小児科、精神科看護師)
個人的には、言葉に関して何か不安を感じているならば、早めの相談をお勧めします。現在は、早期に治療や療育などを行うことで、お子さんの可能性を引き出し、将来的に良い方向へ進むことができるような支援を行っています。それぞれのお子さんに合った方法で行われるので、大きな不安を抱かれる必要はないでしょう。(小児科、精神科看護師)

名前の呼び方を統一したり、大人が見本を見せるなどして、子供が返事をしやすい環境を整えてあげてください。不安があれば相談や検査を検討しても良いでしょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加