産後の身体の悩み・トラブル

2014/08/30

産後に目を使わない方がよい理由~注意すべき3つのポイント~

この記事の監修/執筆

産後出張ケアセラピスト熊野 薫

産後に目を使わない方がよい理由~注意すべき3つのポイント~

こんにちは。妊婦さん、産後ママのための出張リフレクソロジー~みまもり リフレ~代表の熊野です。 私は、これまでに数百人の産前産後ママとお会いして、ケアをしたり、 お悩みを聞かせていただいたりしています。

多くのママとお会いする中で、最近のママがやりがち、だけど本当は注意した ほうがいいことについて、今日は書きますね。 ずばり、産後にやらない方がいいのに、多くのママがやっていること、それは 「目を使うこと」!!です。

最近は、facebookやTwitterなど、ネットを使ったコミュニケーションをされて いる方が多いです。 陣痛なう、ではないですが、産まれた後、あまりの喜びと解放感で、赤ちゃんや 自分の写真をアップしている人を、たくさん見かけます(笑)。

気持ちは、わかるんですよ。赤ちゃんはかわいいし、出産という一大イベントが 終わった後ですからね。 でも、産後に目を使うこと、特に電子機器を使うことは、できれば避けたほうが 良いんです。 今回は、産後に目を使わない方が良い理由を、体の3つの観点から、お伝えしますね。

産後に目を使わないほうが良い理由:その1~目は「肝」とつながっています~

中医学という学問に五行という考え方があります。 目の疲れは、「肝」の疲れにつながると言われています。 肝といえば肝臓、体の様々な毒素を解毒してくれるところですね。 目の疲れが体の解毒力を邪魔してしまうと、産後の疲れもなかなか取れなく なってしまいます。

産後に目を使わないほうが良い理由:その2~目を使うと、交感神経が活性化します~

ご存じのように、人間には、交感神経と副交感神経という2つの神経の流れが あります。 起きているときは、交感神経が活発に働きます。 特に目を使うということは、脳を使っているということ。 一度活性化した交感神経は、いきなりシャットダウンできないので、しばらく 興奮状態が続いてしまいます。 身体を休めなくてはいけない産後に、たとえ横になっていたとしても、 脳が興奮状態では、休まるものも休まらない、ということになります。

産後に目を使わない方が良い理由:その3~目から入る情報に、あなたの心が刺激されます~

目を使う、って、どういうことをイメージしますか? おそらく、遠くの山を見たり、おうちの周りの景色を見たりすることに対して、 「目を使う」とは言わないと思います。 目を使うというとき、それは、なんらかの「情報」を、目から(もちろん耳から も)取り入れている、ということ。 情報は、プラスになるものもありますが、時に心を不安定にさせるものもあった りします。 産後のデリケートな状況の中で、世の中で起きている不安な出来事、赤ちゃんに マイナスの出来事を見たり聞いたりすることで、心穏やかに過ごせなくなる人も 多いのです。

産後は目を使わない。特に出産から3週間の、産褥期、と言われている間は、 PCや携帯(スマホ)、テレビなどからなるべく離れて、ゆったりとした気持ちで 過ごしましょう。 毎日表情が変わる赤ちゃんの様子や、日々回復していく自分の体の様子などを 、じっくりと感じることができ、余裕のある子育てにつながりますよ。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加