祖父母の子育て

2014/09/01

産後にある切実な悩み 実母や義母が憎いんです!私って嫌な女?(1)

この記事の監修/執筆

産後出張ケアセラピスト熊野 薫

産後にある切実な悩み 実母や義母が憎いんです!私って嫌な女?(1)

こんにちは。妊婦さん、産後ママのための出張リフレクソロジー~みまもり リフレ~代表の熊野です。 私は、これまでに数百人の産前産後ママとお会いして、ケアをしたり、 お悩みを聞かせていただいたりしています。

そのお悩みの中に、とっても切実で、多くのママからご相談される内容がある んです。それは、「出産後、実母や義母が本当にキライなんです」というもの。

ちょっとショックな内容かもしれませんね。でも、本当に多いんです(>_<) 不思議なのは、出産前のお母さん(お義母さん)との関係性に関わらず、 というところ。仲が良くなかった場合はもちろん(?)、仲が良かった人でも、 そういう感情になる方が多いんです。

今回は産後の「母がイヤ!」現象に2つの観点から光を当ててみたいと思います。

産後のママは動物化している!?

普段、文明の利器や化学の発達ですっかり忘れていますが、人間も「動物」です。 みなさんは、小学校で動物の「飼育係」ってやりませんでしたか? ニワトリやウサギ、または自宅で飼っていた犬や猫に赤ちゃんが産まれた時。 「お母さんが赤ちゃん取られたと思うから、赤ちゃんに触らないでね」 そんな注意を受けたことは無いでしょうか。

これね、人間も一緒なんです。 赤ちゃんを産んだばかりのお母さんは、その赤ちゃんを「守る」ことに全身全霊、 まさに命を懸けています。 「私の」赤ちゃん、なんですね。

だから、自分以外の人間には、大切な赤ちゃんを触らせたくないのです。 さすがに、人間なので、専門的に赤ちゃんを見てくれる人、つまりお医者さんや 助産師、看護師さんには、お任せできるという人が多いですが。

ここで、お父さんという人種(笑)は、言われなければあまり赤ちゃんを触りま せん。 なぜか?扱い方がわからなくて、怖いからです(^_^;)

ところが、お母さんやお義母さんというのは、すでに「母」だった経験がある。 だから、懐かしいかわいいもの=赤ちゃんに、つい手を伸ばしてしまうんですね。 それも、遠慮や容赦なく(笑)。 すると、母親としては、危険信号が点滅して、動物的に言うと、がるるるる、 な気持ちになってしまう、と言うわけです。

対策としては、ある程度仲が良ければ、出産前に笑い話のように話しておくか、 夫によく言い含めておき、産後、夫から母たちに伝えてもらうようにする、のが いいかもしれませんね。

次回は、もう一つの観点、母とはこうあるべきという母を縛る概念・信念からの ~実母・義母が嫌い~現象をお話しします。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加