水疱瘡

2015/07/17

子どもの水疱瘡(みずぼうそう)の原因と症状、治療法とは?

この記事の監修/執筆

田村医院・院長田村 仁

子どもの水疱瘡(みずぼうそう)の原因と症状、治療法とは?

水疱瘡の原因となるウイルスと症状について

水疱瘡は初期症状として倦怠感、食欲の低下、頭痛などと共に37度前後の発熱が見られます。そして2、3日すると赤い発疹が体のあちこちに出始めます。初期症状が軽く、この赤い発疹がお腹などに現れることで水疱瘡ではないかと気づく場合も多くあります。発疹は一度に現れるのではなく、次第に全身に広がっていきます。比較的少なくすむ場合もあれば、多数見られる場合もあり、口の中にできる事もあります。

発疹は膨らみを持って丘疹になり、痒みを伴う水ぶくれが見られるようになります。さらに膿疱になり、次第にかさぶたになっていきます。初期症状が現れる数日前から全部の発疹がかさぶたになるまでは感染力が非常に高いといわれます。。このような症状をもたらす水疱瘡は、水痘帯状疱疹ウイルスというヘルペスウィルスの一種によるものです。咳やくしゃみによる飛沫感染や、ウイルスが付着したタオルや手すりなどを触ったり、発疹の液を触ってしまうことで感染します。感染してから症状が出るまでの潜伏期間は約10日から21日間であると言われています。

一度水疱瘡にかかると免疫ができるので、再度水疱瘡になることはありません。ただし、体内には水痘帯状疱疹ウイルスが残っているため、体力が非常に低下しているときなどに帯状疱疹として発症する場合があります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加