中耳炎

子どもの中耳炎の原因と症状、ママができる治療法とは?

風邪をきっかけに発症しやすい子どもの中耳炎。完治するまでに少々時間がかかり、また再発しやすいという点もお母さんにとっては気がかりですね。子どもの中耳炎とはどのような病気で、どのように治療するのか、また、おうちでできるケアについてご紹介します。

[more]

中耳炎がおこるしくみ

こどもの「耳が痛い」という訴えで始まるのが中耳炎です。気づかないものを含め、小学校へあがるころまでにほとんどの子が1度は発症しているといってもよいほど、こどもに起きやすい病気のひとつと言われています。

耳の中の炎症ということから、耳の穴、つまり外部からの菌の侵入によるものと考えがちですが、中耳炎は、鼻の奥にある「耳管」を通って「中耳」に入り込んだ菌が鼓膜やその内側に炎症を起こすものです。したがって、プールやお風呂の水が入るためではありません。のどや鼻に菌が入ることが原因となり、風邪がきっかけで発症する場合がほとんどです。

菌の8割が肺炎球菌とインフルエンザ菌と言われています。炎症が軽い場合は、鼓膜の充血程度の症状で済みますが、多くは中耳に膿がたまることで鼓膜が真っ赤に腫れる症状を見せます。膿がいっぱいになり鼓膜を圧迫すると、鼓膜に穴が生じ、膿が出てきます。強い痛みはこの時に生じるもので、膿が出てしまうと痛みは消えることがほとんどです。

では、なぜ子どもは中耳炎になりやすいのでしょう?小さな子どもは耳管が短く、咽頭に対してほぼ水平に近い角度に位置するため、菌が中耳に侵入しやすい造りになっているのです。顔の造りが大人に近づく小学校高学年以降からは、耳管の長さや角度も変わるため、中耳炎は起きにくくなるでしょう。

臨床経過ごとに違う中耳炎の呼び方

また、中耳炎は臨床経過ごとに呼称が違います。風邪などによって菌が中耳に入ることにより、炎症が起きた状態のことを「急性中耳炎」といい、発熱や、耳の痛み、閉塞感などが現れます。また、中耳に液体が貯留している状態を「滲出性中耳炎」といいます。症状としては難聴や耳の圧迫感、耳鳴りなどが現れます。

特に子供の場合には、急性中耳炎のあとに中耳に炎症が残ることや、十分に治らない状況が続くなどで滲出性中耳炎になることが多いといわれます。そして急性中耳炎の遷延や外傷などで鼓膜の穿孔が閉鎖せずに残っているために起こる中耳炎を「慢性中耳炎」といいます。症状として難聴や炎症による耳漏などが現れます。

中耳炎かな?と思ったときには

痛みを言葉で訴えることができる年齢の子はわかりやすいのですが、乳児の場合は、耳によく手を持っていく、首を振る、機嫌が悪いなどのしぐさにより中耳炎を疑います。夜中に痛がることが多いため、夜間救急病院などへ駆け込むケースが多くみられますが、鎮痛解熱剤を飲ませて痛みを止め、耳だれはガーゼなどでやさしく拭き取り、翌日かかりつけの病院を受診すれば問題ありません。

急性中耳炎の強い痛みは、冷やしてやわらげることが可能です。タオルにくるんだ保冷剤などを耳の後ろに当てて冷やしてあげましょう。もし家庭に子どもが使用できる鎮痛解熱剤がある場合、使用してあげるのも一つの方法です。

病院ではどんな診察をするの?

病院での診察は、問診のほか、耳鏡という器具で耳の内部を診る視診が中心となります。中耳炎と診断された場合、発症後1~2日程度の痛みには鎮痛解熱剤を使用し、また、耳だれがある場合には取り除く処置をおこないます。腫れがひどく、高熱が出ている場合は抗生物質が投与されます。

急性中耳炎にはこのような治療がおこなわれますが、完治までには時間がかかるため、あとは経過観察をしていく場合がほとんどです。医師から完治と言われるまでは、痛みが消えても指示通りにきちんと通院する必要があります。自己判断で中断すると、中に残った膿が原因となり再発しやすくなり、また滲出性中耳炎に移行する可能性もあるためです。

また、治療のひとつとして、鼓膜を切開し中の膿を出してしまうという手術方法があります。鼓膜は切開しても自然にふさがるため切開することに問題はないのですが、現在多くの医師にとって子どもの中耳炎に鼓膜切開を行うことは、急性中耳炎の重症度に応じた治療選択肢の一つになっています。

中耳炎をこじらせないために家庭でできるケアとは?

中耳炎を防ぐには、風邪の症状に対するケアが大切です。風邪が鼻にきていると感じたときには早期に受診することで中耳炎を防いだり、軽い症状で終わらせることが可能です。小さな子どもは免疫力が弱いため、お世話する大人も手洗いなどをこまめにして、感染を防ぐ環境を作るように心がけましょう。

鼻水をすするのをやめさせ、鼻をかんで鼻水を出すよう導いてあげましょう。鼻水には中耳炎を引き起こす菌が混じっていることが多いためです。左右同時にかむのではなく、片方ずつそっとかむことを教えてあげてください。年齢的に自分で鼻をかむことができないお子さんには、市販の吸引器などを使うとよいでしょう。ただし、病院でも処置できますので、もし難しい場合は無理に自分でおこなわずに病院で受診することをおすすめします。中耳炎になったあとのプールは、かかりつけの医師に体の状態を確認してもらってからにしましょう。

[/more]

2015/07/17

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

田村医院・院長田村 仁