祖父母の子育て

2014/09/03

産後にある切実な悩み 実母や義母が憎いんです!私って嫌な女?(2)

この記事の監修/執筆

産後出張ケアセラピスト熊野 薫

産後にある切実な悩み 実母や義母が憎いんです!私って嫌な女?(2)

こんにちは。妊婦さん、産後ママのための出張リフレクソロジー~みまもり リフレ~代表の熊野です。 私は、これまでに数百人の産前産後ママとお会いして、ケアをしたり、 お悩みを聞かせていただいたりしています。

今回は、前回に引き続き、出産後に実母や義母が嫌いになってしまった、という 現象について、お話しします。

育児は私がやらなきゃ、という信念が母を縛る

前回は動物、哺乳類としての「子供を守る本能」のお話をしました。

もう1つには、お母さんという立場になった女性の、考え方が影響しています。

現在の日本では、初婚年齢の高齢化とともに、初産の高齢化も進んでいます。 20代後半、30代になって、初めて第1子を出産する、というママも本当に多い ですね。

そのくらいの年齢になると、社会的にも分別が付き、「育児はこうするもの」 という知識があらかじめあったり、「産まれたら自分がしっかり育てなければ」 という責任感を持っている人がほとんどです。

ところで、動物園で生まれた動物の赤ちゃんが、母親に育児放棄される、という ニュースを見たことがありませんか? 飼育員さんが、一生懸命、赤ちゃんを育てているのに、母親は知らん顔^^; こういうニュースを見た時、あなたはどう思うでしょうか?

報道の意図もあるのですが、たいていの場合、ひどい母親だな、という意見を 持つ人が多いのですね。 それは、女性、男性、既婚、未婚に限らずです。

私たちの中には、「育児は母親がするもの」という意識が、多かれ少なかれ、 常識として刷りこまれています。 その状態・知識を持ちながら出産・子育てをするのです。

だから、誰かに子どもを取り上げられて、お世話をされるということに対して、 とっても過敏に反応してしまうことがあるんです。
~私は、母親なのに、育児が出来ていない(実母、義母がその役目を奪った)~
もしくは
~私は、母親なのに、その私に育児を任せてくれない(心配、不安だから、母と しての先輩である実母や義母が、その役目を担おうとしている)~
こんな風に考えて、自己嫌悪になってしまうママ、いませんか?

大丈夫、あなたの赤ちゃんの母親は、あなただけです^^ それは、あなた自身が、まぎれもなく知っていることではないですか? そして、周囲の人、あなたの夫、父、母、そして義理の父母も、もちろんそれを 知っています。

周囲の人は、産後で大変なあなたに少しでもラクに過ごしてほしい、と思って いるだけなのです。誰も赤ちゃんを取ろうとは思っていません。

それに、赤ちゃんをほかの人に任せて養生することは、悪いことでも何でもない んですよ。 これから始まる長い育児期間を思えば、そうやって人の手を借りることって、 とっても大切なことなんです。

実母や義母が憎い!と思ったとしても、悩まずに。
・産後の動物的感覚が発動したな^^私も動物なんだな。
と思う。そして
・育児を他の人に手伝ってもらう事は、母として必要なスキルなんだ。
とどーんとお任せしてみてください。

それでも、「母」たちに任せるのは不安?イライラする?
次回はそんな時に使える、魔法の言葉をお伝えしますね♪




  • このエントリーをはてなブックマークに追加