しつけ

3歳児の記憶力ってどの位?何度言っても注意を忘れる子どもにオススメの伝え方

「もう!同じことを何度も言わせないで!」と子供に感じているママは少なくありません。医療・ヘルスケアの専門家に悩みを相談できる「なるカラ」にも、3歳になる子供が注意を聞いてくれないことに悩むママから相談が寄せられていました。ママの悩みに、看護師さんはなんと答えているのでしょう?

ママからの相談:「3歳になる子供に同じ注意を何度もしています…3歳だとこれが普通でしょうか、それとも何かの障害でしょうか…」

子供に毎日のように同じ注意をしていてウンザリする…そんなにむずかしいことを言っていないのに…何かの障害じゃないかと心配…そんな悩みをもつママからの相談です。

3歳になる子供がいます。人の話を全く覚えてないようです。毎日同じことを怒っていて正直ウンザリ、疲れます。むずかしいことを要求しているつもりはないのですが、3歳児には簡単ではないのでしょうか?言っているのは「ママ達が何か話したらお返事してね」ということです。返事してくれないと聞こえたのか聞こえてないのか、わかったのかわかってないのかが判断できないからです。つい「昨日も言ったよね?」と怒ってしまいます。さらにひどいのは返事をしないことで怒られているのに、1~2分もしないうちにもう返事をしなくなることです。「何で怒られたんだっけ?」と聞いても覚えていません。昨日言ったことならまだしも、言ったそばから忘れるのは3歳だと普通なのでしょうか?障害でもあるのかと心配です。(30代女性)

子供に対する伝え方を工夫してみよう

「子供は興味のあることしか聞こえません」と看護師さんは言っています。子供の耳に届くように話すには、少し工夫がいるようです。看護師さんのアドバイスを聞いてみましょう。

子どもは、自分の興味のあること(言葉)以外は、耳に入ってこないことが多いです。まず、子どもに伝えるときは、静かなところ(興味が移らない場所)で短い言葉で伝えるのが効果的です。伝える言葉が長いと、何に対して言われているのかがわからなくなってしまうからです。具体的に「○○ちゃん、ママ達がこう伝えたら、お返事をちょうだいね」と提示してみるのはどうでしょうか。(小児科看護師)
「返事がないとママ達が心配だから返して欲しいな」、「お話が聞こえているのか知りたいな」などと、ママ達を主語(ママ達発信)で伝えるのもよいです。(小児科看護師)
何を伝えたい(伝えたかった)のかを、その場で確認しながら伝えるのが一番本人にとってもわかりやすいです。大人のように応用がきかないので、似たような場面でも、どのように対処すればいいのかわからないこともあります。(小児科看護師)
 
発達相談をしている医師は「毎日のように伝えていることでも『今日初めて伝えるのよ』というつもりで話してください。穏やかに、淡々と。声は威圧感を与えるので、荒げないようにしてください」と言っています。(小児科看護師)
今は病院だけでなく保健センター(保健師さん)など多くの相談窓口があるので、もし不安があるのなら、相談するのもよいです。(小児科看護師)

子供にとって聞きやすい話し方というのがあるのですね。さっそく今日から実践してみましょう。また、一人で悩まず、心配なときは専門家に相談してみましょう。


2014/08/29

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)