女性の心と身体

2015/11/17

ただの風邪?インフルエンザ?見分け方が知りたい!

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

ただの風邪?インフルエンザ?見分け方が知りたい!

軽い風邪なら、自宅で安静に過ごすことで回復が見込めます。しかしインフルエンザだったとしたら、早めに病院を受診して適切な治療をすることが望ましいですね。風邪とインフルエンザの違いについて、看護師さんたちが教えてくれました。

風邪の見分け方についての相談:「風邪とインフルエンザの区別の仕方は?」

以前発熱があり、インフルエンザだと思い病院に行ったら単なる風邪だったということがありました。ただの風邪なら、自宅で安静にして過ごせばよかったと後から思ったのですが、風邪とインフルエンザはどう見分ければよいのでしょうか。(30代・女性)

感染源の種類や症状の現れ方が違う

風邪とインフルエンザは、感染源の種類に違いがあり、症状の現れ方や進行速度にも違いがあると看護師さんは説明しています。

風邪とインフルエンザでは感染するウイルスの種類に違いがあり、風邪は夏風邪という風邪があるように1年を通してみられますが、インフルエンザは冬場や流行期など季節が限定されます。風邪の場合は症状の出方が比較的緩やかですが、インフルエンザの場合、感染して3日程度で38℃以上の高熱が出ることが多く、倦怠感や食欲不振など全身症状を伴います。(呼吸器科看護師)

重度の風邪とインフルエンザは見分けがつきにくいですが、それぞれの一般的な特徴として以下のようなことが挙げられます。

・風邪
原因菌はウイルスや細菌で、初めは喉や鼻に症状が現れ、病状の進行は比較的緩やかです。38℃前後の熱が出ることもあり、軽い寒気や咳や鼻水、その他にも軽い頭痛や関節痛が出ることもあります。
・インフルエンザ
原因菌はインフルエンザウイルスで、39~40℃前後の高熱と強い寒気を感じることが多く、病状は急激に悪化します。激しい咳と強い頭痛、筋肉痛や関節痛が出ることも多く、鼻水は引き始めではなく後から出てきます。(内科看護師)

自己判断が難しいことも

自分では風邪だと思っていても、実際はインフルエンザだということもあります。自己判断が難しい場合もあるので、できれば病院を受診した方がよいでしょう。

インフルエンザは肺炎や脳炎などの合併症を起こしやすいので、早めに治療することが大切です。風邪だと思っていてもインフルエンザの場合もあるので、自己判断せず病院を受診した方がよいでしょう。また日頃から栄養をとって、うがい手洗いなどの風邪予防も心がけてください。(呼吸器科看護師)

ただの風邪と比べてインフルエンザの場合、諸症状が強く現れることが多いようです。しかし自己判断が難しいこともあるので、迷ったら病院を受診した方がよいでしょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加