聴覚異常

聴覚異常?突然の大きな音に泣き出してしまう5歳児

子どもの性格は様々で、何事にも物怖じしない子もいれば怖がりな子もいます。5歳のお子さんは大きな音が苦手で泣いてしまうこともあり、性格の問題か何か異常があるのかとママは悩んでいます。看護師さんたちは何と言っているのでしょうか。

ママからの相談:「大きな音が苦手。他の子は平気なのに泣き出してしまうことも」

5歳の息子は運動会のピストルの音など、突然大きな音が聞こえると耳を塞いで泣き出してしまいます。元から怖がりな性格です。今は平気ですが、数年前は電車の通過音などでも泣いていました。しかし爆発的な大きな音は未だに苦手で、他の子が平気な中で泣いている姿を見ると心配です。これは性格なのか、それとも聴覚異常などがあるのでしょうか。(30代・女性)

焦らずゆっくり慣らしてあげて

まだ子どもなので、大きな音に驚き泣いてしまうのはよくあることです。何の音なのか理解ができると怖くなくなるので、徐々に音に慣らしてあげましょう。

感受性の強いお子さんかもしれませんし、音に対してトラウマになっているのかもしれません。大きな音がするとわかっている場合は予め教えてあげたり、耳を塞いであげましょう。(産科看護師)
まだ5歳なので大きな音に驚くのは当然ですし、泣き出したら落ち着くまで抱きしめて不安を取り除いてあげてください。大きな音がしても自分にとって危険ではないことや、何の音なのか理解できると自然に慣れてくるでしょう。(産科看護師)
大きな音が苦手だと、徒競走のピストルの音に驚いて走れなくなったり耳を塞ぐ子はいます。意識とは別に音に反射的に反応しているのなら、慣れるまで時間がかかるかもしれません。しかし苦手だからと静かな環境にばかりいるといつまでも慣れないので、少しずつ音のある所に連れて行ってあげましょう。その場合は、まずは短時間から慣らし、徐々に時間を増やすようにしてストレスを与え過ぎないようにしてください。(内科看護師)

自閉症などの心配はないの?

日常的な生活音にも過剰反応する場合、自閉症などの発達障害が疑われることもあります。しかしその場合は、音への反応以外にも言葉などの発達に遅れがみられることが一般的です。

洗濯機や掃除機の音、普段は気にならないドアの開閉音などに敏感な場合は自閉症などの感覚過敏が疑われますが、この場合、例え母親であっても人に触れられるのを嫌がり、不規則な音や高低音の激しい音、大きな音でもパニックになります。音に敏感で些細な話し声でも不快に感じることもあれば、雑音でも自分の聴覚にあった音には聞き入ってしまうという特徴があります。またそれに並行して、言葉の発達や認知的な発達が遅れる場合があります。(産科看護師)
自閉症や発達障害の子どもだと大きな音を怖がることがありますが、その場合はいくら経っても音に慣れることはありません。また聴覚異常がある場合、どんなに大きな音が出ていても反応しない子がほとんどなので聴覚に問題があるとは考えられず、元々の性格である可能性が高いと思います。(内科看護師)

もともと怖がりな性格とのことですし、他の子ども達と比べて慣れるのに時間がかかっているだけかもしれません。「大きな音はびっくりするけど怖くない」と教えてあげて、徐々に慣らしていきましょう。


2015/07/20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)