じんましん

子どもが突然の蕁麻疹!何かアレルギーがあるの?

蕁麻疹はよくある皮膚疾患で、何かの原因で全身にボコボコと蚊に噛まれたようなできものができます。2歳のお子さんの腕や足に突然蕁麻疹が出て心配するママに、看護師さんたちは何と言っているのでしょうか。

ママからの相談:「風邪を引いた際に蕁麻疹が…。原因は何?」

2歳の娘は、高熱が出ても発作や蕁麻疹が出たことは一度もなかったのですが、先日少し鼻水が出ているなと思ったら、30分もしない間に腕と足に赤くボコボコとした蕁麻疹が出てきました。鼻水以外は元気で、その後徐々に蕁麻疹が消えたので病院には行きませんでした。高熱が出たわけでも何かを食べたわけでもなく、なぜ蕁麻疹が出たのか不思議です。一度、アレルギー検査を受けた方が良いのでしょうか。(30代・女性)

蕁麻疹の原因は様々

蕁麻疹は、アレルギー性と非アレルギー性の2種類に分けられます。どちらも同じような症状で原因の特定が困難ですが、アレルギー性で蕁麻疹が気管支粘膜などに出た場合は、命に関わることもあるようです。

蕁麻疹はアレルギー性(速効型と遅延型)と非アレルギー性に分けられますが、どちらも同じ過程を通し同じ症状が出るため区別が困難で、原因の特定が難しいです。(産科看護師)
非アレルギー性蕁麻疹には刺激誘発型蕁麻疹と突発性蕁麻疹があり、刺激誘発型は機械的刺激(こする・引っ掻く)、寒冷・温暖、ゴムなどの圧迫や水などの刺激によるもので、突発性は明らかな原因はなく突然蕁麻疹が出現します。数十分程で消失しますが、身体のあらゆる部分に次々と現れては消えるを繰り返し、一度出ると毎日のように起こりやすいのが特徴です。(産科看護師)
非アレルギー性の蕁麻疹は、時間が経てば消失するので他に症状がなければ様子をみてよいですが、アレルギー性の場合はアナフィラキシーショックを起こし、重篤であれば胃や食道や気管支粘膜にも蕁麻疹が出て、命に危険が及ぶこともあります。(産科看護師)
食べ物以外にも、カビやダニや花粉などが原因で蕁麻疹が出る人もいますし、暖かい所から冷たい所に出ると刺激で蕁麻疹が出る寒冷アレルギーや季節の変わり目に毎回蕁麻疹が出る季節性アレルギー、珍しい物ではタバコのニコチンにアレルギー症状を起こす子どももいます。(内科看護師)

心配なら病院でアレルギー検査を

今後、体質や体調の変化などでまた蕁麻疹が出る可能性もあるので、一度アレルギー検査をするのもよいでしょう。蕁麻疹が消えた後に受診する場合は、どのような状況で蕁麻疹が出たかなど詳細をメモして行きましょう。

今までは何ともなくても、体質の変化や体調によってはアレルギーを起こすこともあるので、心配なら一度検査をしておいた方がよいかもしれません。蕁麻疹を治すためには原因物質を避けることですが、成長に伴い自然治癒する場合も多くあります。(産科看護師)
アレルギーといっても多岐に渡るので、一度きちんと検査は受けた方がよいかもしれません。病院受診の際にはその時に蕁麻疹が出ていなくても、どのような状況でどの程度の蕁麻疹が出たかなど詳細をメモしておくと、医師が診断しやすいです。(内科看護師)

蕁麻疹はその時の体調なども関係するため、原因の特定は難しいかもしれません。しかし今後繰り返す可能性もあるので、心配なら一度アレルギー検査をしておくのもよいのではないでしょうか。


2015/07/21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)