偏食

2015/07/23

野菜をまったく食べない2歳児…親としてどう対応すべき?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

野菜をまったく食べない2歳児…親としてどう対応すべき?

子どもにバランスのとれた食生活をさせたいのはママなら当然のことです。でも2歳頃になると好き嫌いも出てきます。子どもの野菜嫌いに悩むママからの相談に看護師さん達のアドバイスは?

ママからの相談:「2歳の子どもが野菜を全く食べません。成長に影響がありますか?」

2歳の子どもがいます。幼稚園や保育園には通っていないので、朝昼晩の食事はすべて私が作っています。最近、好き嫌いが激しく、特に野菜を全く食べません。ハンバーグやカレーのように野菜が見えないものは食べてくれますが、野菜とわかるものは全く食べません。成長に影響があるのではないのかと心配しています。野菜ジュースなどを飲ませた方がいいのか、それとも、そういう時期だと見守っていて問題ないのでしょうか。(20代・女性)

イヤイヤ期に無理強いは逆効果。食べやすくなる工夫を

野菜嫌いはイヤイヤ期からくる一時的なものかもしれません。心配なら果物でビタミンなどの補給をはかってはどうでしょう。

お子さんはイヤイヤ期なのですね。わがままになる時期でなんでもイヤイヤと嫌がり、無理にやらせようとすると、ますますイヤイヤはひどくなります。ですから落ち着くまではそのまま食卓に野菜は出して、あえて無理に食べさせなくてもいいです。(一般内科看護師)
一時的なものなので栄養バランスにはさほど問題はないと思いますが、心配なら果物を食べさせるようにしてみてはどうですか。不足した野菜のビタミンなどの補給にはよいですよ。(一般内科看護師)
野菜をもし食べなくても、無理強いしないでください。小さく刻んだり、他の食材と混ぜたりして食べさせてください。子どもは大人のマネをしたがりますから、家族がみんなでおいしいねと食べていたら、そのうち食べるようになるかもしれません。(産婦人科看護師)
野菜でお子さんの好きなキャラクターの顔など作ってみてはいかがでしょう。またジュースやスムージーを野菜と果物を混ぜて作ったり、野菜でクッキーなどのお菓子を作ってもいいでしょう。食べられたら、人参が入っているんだよと教えてあげてください。野菜を食べられたという自信につながります。(産婦人科看護師)

長い目で見て、楽しく食事をすることを心がけて

まずはママが食べている姿を見せて、野菜は美味しいということを教えてあげましょう。

成長してくれば、身体が必要な栄養素は本能的に食べるようになります。子どもが脂っこいものや、甘いものなどを好むのは、身体の成長にエネルギーや糖分が必要だからです。大人が肉より魚、野菜など低カロリーのものを好むのは、エネルギーは必要なく、健康を維持する栄養が必要だからです。(産婦人科看護師)
子どもの時には嫌いでも、大人になれば食べられたり、逆の場合もあります。無理に食べさせようとすると余計に抵抗するようになりますから、長い目で見て楽しく食事することを心がけてください。(産婦人科看護師)
今は無理に食べさせなくても野菜が美味しいということはお母さんが食べている姿を見せて教えましょう。そうするとまた自然に野菜を食べるようになります。そして少しでも野菜を食べた時は、きちんとほめてあげてください。(一般内科看護師)

イヤイヤ期からくる野菜嫌いの場合、無理強いは逆効果のようです。食べやすくなる工夫や楽しい雰囲気を心がけ、食べられたらしっかり褒めて自信をつけてあげましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加