友達とのトラブル

すぐ友達を噛む4歳児、親としてどう対応すべき?

幼い子どもの成長には個人差があり、同じ年齢でもお話が得意な子、行動が先に出る子と様々です。思い通りにいかないとお友達を噛んでしまう子どもを心配するママに対し、看護師さんたちはどのようなアドバイスをしているのでしょうか。

ママからの相談:「子どもがお友達を噛んでしまいます」

幼稚園に通う4歳の息子です。入園して1カ月のうちに3度も、お友達を噛んだと担任の先生から連絡がありました。息子はおしゃべりが達者ではなく、思い通りにいかないことがあると言葉で伝えるよりも噛んでしまうようなのです。噛むのは精神的に不安なことがある表れなのでしょうか。悪いことをしたという自覚はあるようですが、この先、周りの方に息子が避けられてしまわないか心配です。 (30代・女性)

気持ちを言葉で表現できるようになれば、噛まなくなります

お友達に何かされたことへの仕返しかもしれないし、気持ちが上手に表現できないことへのいら立ちから、噛みつくのかもしれません。いずれにしても思いを充分に言葉で表現できるようになれば、噛むこともなくなるので、温かく見守っていてください。

子どもにとって噛む・叩くという行為は最終的な防衛手段です。何かされたので仕返しのように噛み付いたのかもしれません。精神的に不安なのではなく、自分で思うように言葉で伝えられず、じれったくなったのでしょう。成長とともに、きちんと自分の気持ちが伝えられるようになり、皆と仲良く遊べるようになるはずです。お子さんが言葉で表現できるようになるまでの辛抱です。温かく見守ってあげましょう。(内科看護師)
この頃の子どもは、自我に芽生え、甘えたい欲求や、お友達と遊びたいのにうまく言葉で表現できずに自分でもイライラするなどから、噛みつくことがあります。自分ではうまく伝えられなくても、お母さんがお子さんの気持ちを理解してあげていれば、噛まなくなると思います。一時的な行為だと思って気長に関わってください。(産科看護師)

子どもの気持ちに寄り添い、言葉で表現できるように導く

噛む前に言葉で思いを伝えられるよう説明し、声かけや挨拶の練習をしましょう。もし噛んでしまったときは、理由を聞き、気持ちに共感した上で、いけないことだと理解させてください。

噛む前に言葉で表現するよう、お子さんに説明しましょう。自分の考えていることをきちんと言えるようになれば、何かされて怒ったとしても言葉で解決できるはずです。また、何かされたときは幼稚園の先生に話すように伝えましょう。そうすれば、先生が間に入って解決してくれると思います。(内科看護師)
幼稚園以外でお子さんがお友達と遊ぶときは、なるべく目を離さないようにしてください。噛みつこうとしたら間に入り、両者の意見に共感してあげましょう。もし友達に噛みついたら、できる範囲でお子さんの理由を聞き出して共感し「噛むと痛いんだよ」と伝えて、お母さんも一緒に謝るようにしてください。挨拶や「貸して」など声かけの練習もしましょう。(産科看護師)

自分の思いを言葉で上手に伝えることができず、イライラして噛みついてしまうのでしょう。なぜ噛んでしまったのか理由を聞いて共感してあげたり、噛みつく前にお友達へ声をかける練習をしてみるとよいようです。成長を待ち、温かく見守ることも一つの手です。


2015/07/25

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)