ヘルペス性口内炎

高熱を伴う子どものヘルペス性口内炎の原因と症状・治療法は?

ほとんどの人が経験する口内炎。口内炎にも種類があり、口の中の炎症がひどく、喉の痛みや高熱を発しているようなら、乳幼児から3歳前後の幼児がかかりやすい感染症・ヘルペス性口内炎かもしれません。原因や症状、治療方法などについて説明致します。

ヘルペス性口内炎を起こしてしまう原因とその症状

実は口内炎にも種類があり、特徴が少しずつ異なっています。普段私たちが経験している口内炎はアフタ性口内炎と呼ばれています。これは口の中を歯で噛んでしまってできた傷口や、抵抗力の低下や栄養の偏りなどで弱ってしまった粘膜に細菌が入ってしまい、炎症を起こしています。

一方、ヘルペス性口内炎は、ヘルペスウィルスよって発症するもので、口内炎の種類の中でも一番辛い症状を伴うと言われています。ヘルペスウィルスに初めて感染した子供にもっとも出やすいのが、この「ヘルペス性口内炎」で、急に39度前後の高熱がでて、口の中にできた腫れ物が非常に痛み、飲んだり食べたりすることが到底できないほどです。この腫れ物は水ぶくれのようになっており、舌や喉にもできてしまいます。さらに38度前後の高熱がでることもありますから、小さなお子さんにはとても辛い症状が続いてしまいます。

このヘルペス性口内炎を引き起こすヘルペスウィルスには感染力があります。ヘルペスと言えば水疱瘡もこの一種ですね。口内炎を起こすヘルペスウィルスは単純ヘルペスウィルス1型というもので、人から人へ直接接触することで感染します。そのため親子や兄弟の間でうつりやすいウィルスです。また、完治したと思っていてもまだ体内に残っているヘルペスウィルス菌が唾液に混じっており、同じタオルを使ったり、食器を共有したり、同じものを食べたり、親が子どもにキスをしたりしたときに感染してしまいます。

ヘルペス性口内炎にかかってしまったら

口内炎ができても、それがヘルペス性口内炎かどうかは見ただけではわかりません。しかし、症状としては突然高い熱を出したかと思うと、2、3日後に水ぶくれのようなでき物が口の中にできはじめますので、すぐに病院で診察を受けてください。特に小さなお子さんは、あまりの痛さによだれが多くなることも見受けられます。病院ではヘルペスウィルスの増殖を抑える抗ヘルペスウィルス剤を処方してもらえます。

口内炎になってしまったらビタミン類を多く摂ると良いと言われていますが、ヘルペス性口内炎はとにかく痛いので、あまり食べたり飲んだりすることができません。そんな時はビタミン類と消炎効果のある成分を含んだ蜂蜜を水で薄めて飲ませてあげると良いでしょう。また水分補給も必要ですから、殺菌作用のあるカテキンを含んだ緑茶やハブ茶、キハダなどがオススメです。

ヘルペス性口内炎にならないためには

口内炎は抵抗力が低いときやストレス、栄養の偏りによって起きやすい症状ですから、日頃から健康で元気な体作りを心がけていくことが大切です。特にウィルスによるヘルペス性口内炎は大人になって再発することもありますから、口の中を清潔に保つことも心がけたいですね。風邪をひかないようにうがいをする際、口の中もぶくぶくうがいをしたり、緑茶などを飲むようにすることも効果があります。

また、家族がヘルペス性口内炎を発症してしまったときは、同じスプーンやお皿を使わない、タオルを別にする、ぶくぶくうがいなどをして口の中を清潔に保つなどして感染を防ぐようにしましょう。


2015/07/23

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事