プール熱

2015/07/23

プール熱(咽頭結膜熱)の原因と症状、ママにできる治療法

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

プール熱(咽頭結膜熱)の原因と症状、ママにできる治療法

代表的な夏風邪症候群の一つであるプール熱(咽頭結膜熱)。プールという名前がついていますが、プール以外でも感染します。夏に乳幼児を中心に流行するプール熱の原因や症状、治療法や家庭でのケアについて知っておきましょう。

プール熱(咽頭結膜熱)とはどのような病気なのでしょうか?

初夏から秋の初めにかけて流行する咽頭結膜熱は、いわゆる夏風邪の一種。高熱と目が真っ赤に充血する症状、のどの痛みがあるのが特徴です。幼児や学童の間で流行し、プールの水を介して感染することが多いことから「プール熱」とも言われますが、プールの水だけでうつるわけではありません。

プール熱(咽頭結膜熱)の原因と症状

プール熱(咽頭結膜熱)の原因はアデノウィルス。くしゃみや咳を通して感染する飛沫感染と、感染源直接手で触ることで感染する接触感染があります。アデノウィルスは便からも排出されることがあります。そのためウィルスを持った子どもがトイレの後便をよく拭き取らずにプールに入り、ウィルスの入ったプールの水を通して感染することがあります。

プール熱(咽頭結膜熱)の症状は、39~40℃の高熱と結膜炎、咽頭炎です。高熱は3~7日間続きます。特徴的なのは目の症状で、真っ赤に充血して痛みを伴います。目やにや涙がでることもあり、多くの場合、始めは片方の目に症状が現れ、そのうちもう一方の目にも症状が現れます。のども赤くはれて痛み、頭痛や吐き気、腹痛などの症状が出ることもあります。赤ちゃんの場合は眼の症状が現れず、下痢や嘔吐の症状が中心になることもあります。

ママにできるケアは?

ウィルスが原因のプール熱(咽頭結膜熱)には特効薬はなく、痛みを取ったり熱を下げたりする対処療法が中心になります。 目の症状が強いと、受診する際に眼科か小児科か迷うこともあると思いますが、周囲でプール熱(咽頭結膜熱)が流行しているなどプール熱(咽頭結膜熱)が疑われる場合はまず小児科を受診しましょう。目の症状がひどい時は、受診した小児科で眼科を紹介してもらって受診するとよいでしょう。

家庭では、他の夏風邪同様、脱水症状に気をつける必要があります。のどの痛みがあるため水分を摂りたがらない場合は、のどごしのよいプリンやゼリー、アイスクリームなど食べられそうなものを与えます。少し食欲が出てくれば、うどんやおかゆ、そうめんなど軟らかいものを食べさせてあげましょう。イオン飲料などで水分を十分摂らせ、涼しい部屋でゆっくり休ませて回復を待ちましょう。

プール熱(咽頭結膜熱)は学校保健法で「主要症状が消退した後2日を経過するまで出席停止」とされていますので、医師の許可があるまでは登園や登校はしないでください。

プール熱(咽頭結膜熱)の予防法

プール熱(咽頭結膜熱)の予防にはまめな手洗いが大切です。アデノウィルスはタオルや洗面器などを通して感染します。家庭ではそれらの共用を避け、洗濯も別にしましょう。潜伏期間は5~6日で、その間も感染力があり、症状が治まったあとも2週間位はウィルスが排出されます。おむつ換えなどは注意して行い、よく手を洗うことが必要です。

高熱が続くプール熱(咽頭結膜熱)は子どもにとってつらいものです。保育園や学校などの集団生活ではもらってくることも多い病気の一つですが、かかってしまったら早く回復できるようにゆっくり休ませてあげましょう。兄弟の間で感染を広めないように、家庭ではタオルを別々にするなど気をつけてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加