発達障がい

2015/07/27

何かと動作の遅い7歳、発達障害の心配は?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

何かと動作の遅い7歳、発達障害の心配は?

小学生の子どもが、ほかのお友達に比べて動作が遅いように見えると、発達に問題があるのでは、と心配になるもの。看護師さんたちはどんなアドバイスをしているのでしょうか。

ママからの相談:「7歳の娘の動作が遅いように思うのですが…」

小学2年の娘ですが、学校などで、ほかの子に比べて動作が遅いように思います。例えば、通学で歩くのがほかの子より遅い、授業中も周りに比べ動きがスローモー気味、給食も食べるのが遅いなど、何かにつけて動作が遅い気がします。何度か担任の先生に相談したことがあり、「それほど心配することではありませんよ」とは言っていただいているのですが、発達障害など疑って、専門の病院で受診したほうがよいのでしょうか?(30代・女性)

のんびりした性格という可能性も。心配なら専門家に相談を

日常生活に支障が出るほど動作が遅ければ、発達障害の可能性も考えられますが、そうでなければ性格かもしれません。気になる場合は、保健師や小児科医に相談してみるのもよいようです。

動作が遅いということで思いつくのは、発達性協調運動障害ですね。動きの協調が必要な動作に障害がある状態で、著しい不器用やバランスの悪さのため、日常動作や勉強に支障をきたします。スポ-ツが下手、作業が遅い、書字が下手など、日常生活全般に影響するため、子ども自身も自信をなくすことが多いです。(内科看護師)
これまでの成長過程で、発達について医師から指摘されていなければ、心配ないと思います。先生が心配ないと言われるのでしたら、もう少し、お子さんの行動を見守ってください。のんびりした性格かもしれません。(産科看護師)
心配でしたら、発達障害センターや保健所で保健師に相談してもよいでしょう。(産科看護師)
もし心配されているようでしたら、小児科で先生に相談して検査を受けて確認されることをおすすめします。専門家の判断を聞いて安心する方がよいでしょう。(内科看護師)

生活環境が子どもの行動ペースに影響することも

周りの大人が手伝いすぎる、または急かしすぎるといったことも、影響を与えるようです。自分自身でやらせて、よく褒めることが大切です。

ハイハイや歩き出した頃には活発だったのに、だんだんスローペースになったのでしたら、生活環境が影響していると考えられます。お子さんが着替えや学校の準備など、一人でやろうとしていることを、お母さんが先走ってやったり、手を貸してしまうような場合、行動が遅くなり、依存心が強くなります。(産科看護師)
逆に「早くしなさい」とお子さんを急き立てたり、叱ったりしていないでしょうか?そのような場合は、せっかく自分でやろうとしていることを否定された気になり、自分の行動に自信を失くし、自ら行動できなくなります。(産科看護師)
時間がかかっても、手をかさずにお子さんに任せましょう。できたら褒めて、不十分でしたら、「次はこういうふうにやってみようか?」と、お子さんを傷つけないようにアドバイスしてください。「早く」という言葉の代わりに「偉いね、すごいね」の声掛けをするよう心掛けてください。(産科看護師)

子どもの動作が遅いからといって、発達障害とは限りません。のんびりした性格、生活環境など、いろいろな要因が考えられます。もう少し見守り、心配であれば専門家への相談を検討するとよいでしょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加