サプリメント

子ども用のサプリメントは必要?その効果と選び方とは

子どもの栄養が足りているかどうか、お母さんはいつでも気にかけているもの。大人のように、不足がちな栄養素をサプリメントで補うことの是非や必要性についての質問に、看護師さんたちは何と答えているでしょうか。

ママからの相談:「子ども用サプリメント、本当に必要?」

DHAやカルシウムやビタミン類など子ども用のサプリメントは色々と販売されていますが、本当に必要でしょうか。頭がよくなったり、骨が丈夫になったり、成長を助けることができるのであれば積極的に与えたいと思っています。飲ませるのであれば、成分や添加物など子どもに飲ませるのに適切な商品を選ぶコツなどもあれば教えていただきたいです。(30代・女性)

バランスの取れた食事を心がけるのが一番

食事のバランスがとれていれば、あえてサプリメントを摂る必要はないようです。かえって、栄養素の過剰摂取、有効性や安全性に関する疑問など、子どもにサプリメントを摂らせることにはいろいろな不安要素があるようです。

日頃からバランスのとれた食事をしていれば、あえてサプリメントを摂る必要はありません。ビタミンやカルシウムの過剰摂取でおこる疾患もありますから、サプリメントは栄養が足りないとき、病気で食事がとれないときなどの補助食品と考えてください。(産科看護師)
日本のサプリメントには、法律や規定がありませんから、含まれる成分は、製造会社にゆだねられます。ですから、何が入っているがわからないのが現状ですし、安全性は確立されていますが、少量の使用量であれば表示しなくてもいい添加物もあります。(産科看護師)
サプリメントの有効性は成人や中高年で得られた情報が大部分で、子どもで得られたものは極めて少ないのです。またサプリメントを利用することで、子どもの頃から正しい食習慣を身に付けることが難しくなります。(内科看護師)

与えたい場合は専門家に相談して慎重に

子どもの偏食や病気といった理由でサプリメントを摂らせたい場合は、主治医や薬剤師、栄養士といった専門家に相談するなど、十分に情報収集したうえで慎重に決定するのがベストです。

偏食の場合は使用すべきかどうかについてある食材が食べられないからといって、それだけで栄養不足になることはありません。多くの食材をバラエティ豊かに食べることで、健全な食生活を維持することは可能です。不安なようであれば、まず保健所等の栄養士さんや小児科の主治医に相談しましょう。(内科看護師)
どうしても使用されるのでしたら、子ども用のサプリを使用してください。また、目的以外の成分が含まれていることが多いので、購入するときは、成分表を確認して、薬剤師にも相談した方がいいでしょう。服用するのは一時的で、常用するのは止めましょう。できるだけ、食事から摂るようにしてください。(産科看護師)
国立健康・栄養研究所のホームページ(https://hfnet.nih.go.jp/)には、同じような疑問を持つご両親のために役立つ情報が載せられています。「サプリメントと子どもの食事」というページです。(内科看護師)

日頃からバランスのよい食事が摂れていれば、子ども用のサプリメントは必要ないといえそうです。偏食などの理由でどうしても使用したい場合は、専門家に相談するなどして使用の是非や必要な成分を見極めるのがおすすめです。


2015/07/29

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)