赤ちゃん返り

2015/08/01

3歳になる上の子の赤ちゃん返りがひどい…いつ終わるの?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

3歳になる上の子の赤ちゃん返りがひどい…いつ終わるの?

妹や弟が産まれると上の子が赤ちゃん返りをする、というのはよく聞かれる話です。でも、下の子の世話で忙しいママには頭の痛い問題。3歳の長男の赤ちゃん返りに悩むママの相談に産婦人科の看護師さんたちの答えは?

ママからの相談:「長男の赤ちゃん返りがひどいです。いつ終わりますか?」

長男の赤ちゃん返りがひどくて困っています。長男が3歳になる少し前に下の子が産まれたのですが「僕も赤ちゃん抱っこをして」とねだったり、「おっぱい飲みたいんだ!」と大声で叫んだりするようになりました。下の子を抱っこすると、私と下の子の間に入ってきて邪魔をしたり、授乳中におっぱいを触って下の子の口から出そうとしてきます。最近は上の子の世話で疲れてしまいます。赤ちゃん返りはいつ終わるのでしょうか。(30代・女性)

男の子は赤ちゃん返りをしやすい

2、3歳頃の子どもが赤ちゃん返りをすることは自然な反応ですが、いつ終わるかは個人差があります。

赤ちゃん返りは正常な子どもの反応です。2、3歳位によく見られ、一般的に女の子は赤ちゃん返りしにくく、逆にお母さんの真似をして赤ちゃんの世話をやこうとする反面、男の子はお母さんをとられたような寂しさ、甘えたい気持ちから赤ちゃん返りしやすいといわれています。(産婦人科看護師)
いつまで続くかというのは個人差があるので、はっきりとはいえません。産まれた子がある程度、手がかからなくなるまで、または本人が納得するまで続きます。(産婦人科看護師)
女の子に比べて男の子はいつまでも甘えたがる子どもが多いです。ですから小学生の私の長男でさえも未だに抱っこしてと言ってきます。(一般内科看護師)

手があいたら、思い切り甘えさせて

「お兄ちゃんだから」と我慢させるのは逆効果のようです。赤ちゃんのお世話を手伝って貰ったりして兄の自覚を促すという方法もあるようです。

お母さんが手のあいた時には思い切り甘えさせてあげてください。「お兄ちゃんだから」とお子さんにプレッシャーを与える言葉は禁句です。(産婦人科看護師)
下の子の世話をする時はオムツを持ってきてもらうとか、できる範囲でお手伝いをさせてください。うまくできなくても「ありがとう」としたことを認め、褒めてあげましょう。ママが自分に関心を持っている、認めてくれたと思わせることが大切です。褒められるとママを喜ばせるため、お手伝いをしようとします。(産婦人科看護師)
赤ちゃんの世話をしている時に邪魔をしてきても、「お兄ちゃんも同じだったんだよ」といって、兄としての自覚が持てるようにしてください。(産婦人科看護師)
今なぜ抱っこしてあげられないのかを説明してあげていますか。わからないとまた同じタイミングで抱っこをせがんできます。そして、手があいた時は上の子との時間をとることで理解してくれると思います。(一般内科看護師)
それでも抱っこをせがんでくる時は下の子を一度置いてでも抱っこをしてあげると、愛されているのだと感じて落ち着くはずです。お兄ちゃんは色々と我慢していますから、それをきちんと褒めてあげることも、兄の自覚を持って貰うために大事なことです。(一般内科看護師)

赤ちゃん返りが治まる時期は個人差があるようですが、お母さんが自分に関心を持っていてくれているとわかると、子どもの気持ちは落ち着いてくるようです。手があいた時は甘えさせてあげましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加