妊活・妊娠したい

35歳を過ぎると第二子でも妊娠しにくくなる?

初めての妊娠・出産が年齢の影響を受けやすいのは有名な話ですが、第二子以降の場合も、やはりお母さんの年齢は気にすべきでしょうか。婦人科系の問題もなく、第二子を望んでいる相談者さんからの質問に、看護師さんたちはどんなアドバイスをしているのでしょうか。

妊娠年齢についての相談:「第二子の妊娠を希望している場合の目安」

現在、5歳になる子どもの母です。第二子を望んでいますが、一般的には35歳を過ぎると妊娠しづらくなると聞きました。今年の検診で子宮の状態を確認してもらいましたが、特に問題はなくきれいな状態だといってもらいました。そこで質問なのですが、特に婦人科系の問題を抱えていなくても、一律35歳を過ぎると妊娠しづらくなるのでしょうか。また、すでに出産経験のある女性でも、同じく妊娠しづらくなりますか。(30代・女性)

加齢による妊娠しやすさへの影響は避けられない

年齢とともに卵巣機能が低下することにより、ホルモンや排卵、子宮環境などが変化するため、妊娠のしやすさに影響が出かねません。また、健康状態や出産経験のいかんにかかわらず、望んだ時にすぐ妊娠できるわけではないようです。

全ての方が、年齢によって妊娠しにくくなるわけではありませんが、加齢によって卵巣機能が低下してくると、黄体ホルモンの分泌が低下するため、無排卵になったり、着床しにくい子宮環境になったり、よい卵子が排卵されない場合もあります。(産科看護師)
子宮に問題なく、出産経験があっても、最近は二人目不妊という言葉があるように、年齢にかかわらず、すぐに妊娠できるとは限りません。(産科看護師)

妊娠や出産に伴うリスクも上がってしまう

妊娠高血圧症候群や早産、先天性障がいなど、お母さんの年齢が上がることでリスクが高くなってしまうようです。第二子を望んでいるということであれば、できるだけ早いほうがリスクを軽減できるといえそうです。

妊娠、出産にはどなたにも危険性は伴いますが、妊婦が高齢ですと、経産婦でも、妊娠高血圧症候群になりやすかったり、流産、早産しやすかったり、自然分娩ができなかったり、ダウン症などの障がい児のリスクが高まるため、次のお子さんを希望されるのでしたら、早い方がいいということになります。(産科看護師)

第二子を希望している場合、35歳を過ぎると難しいという明確な基準はないものの、やはり年齢が上がれば上がるほど、妊娠のしやすさは下がり、妊娠・出産に伴うリスクは上がります。第二子誕生を希望しているのでしたら、いろいろな事情を検討し、可能であれば早めがベストのようです。


2015/08/02

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)