熱中症

2015/07/29

猛暑の大敵「熱中症」の原因と症状、対処法とは?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

猛暑の大敵「熱中症」の原因と症状、対処法とは?

近年耳にすることが多い熱中症は、重症になると熱射病や日射病となり、体力のない人は命に関わることもある怖い病気です。特に、小さな子どもやお年寄りは注意が必要です。その熱中症の原因や症状、ママができる対処法などをご紹介します。

熱中症になるのはなぜ?

熱中症は、厳しい暑さの中で運動したり、高温多湿の環境で過ごしているときに起こります。重篤な症状になると命に関わる深刻な状態に陥ることもありますが、予め正しい知識を持っていれば予防も可能です。

では、なぜ熱中症になるのでしょうか。炎天下のもとや高温多湿の中で発症することは広く知られるようになりました。人間の身体は、熱を作るという機能と身体の外に熱を逃がすという機能を持ち、それらのバランスをとりながら体温の調節を行っています。そのバランスが崩れ体温の調節ができなくなると熱中症になってしまいます。気温が高くなると、身体の外に汗を出して体温を調節しようとするのですが、子どもは汗腺などの体温調節機能が未熟で、体温をうまくコントロールすることができません。そのため、気温が体温より高くなってしまうと、短時間で体温が高くなり危険な状態に陥ってしまいます。

また、梅雨の時期などの湿度が高い環境でも危険です。体温を下げるために汗をかいても、湿度が高いと皮膚の表面の汗が蒸発しにくくなり体温調節ができなくなります。さらに、体温が高くなり、発汗により体内の水分量が急激に減少すると、心臓や脳を守ろうと血管が収縮します。その結果、身体の外に熱が放出できず、熱が体内にこもってしまい体温のコントロールができなくなります。

このように、自力での体温調節が機能しなくなると熱中症となってしまうのです。

熱中症の主な症状と対処法

熱中症の症状として、めまい、、呼吸や脈拍が早くなるなどがあります。これらの症状が見られる場合、まず、涼しいところへ連れて行き、からだを冷やし、着ている衣類を緩めて、スポーツドリンクなどで水分や塩分を補給しましょう。 体の倦怠感などの症状が見られる場合、重症の可能性があるので、こまめに水分を補給し、身体を冷たいタオルで冷やして、クーラーの効いた部屋に寝かすなどの応急処置をしてください。自分で水分をとれない場合には早急に病院で診察を受ける必要があります。

さらに、意識障害やけいれん、40度を超えるような熱があるときにはあかなり危険な状態なので早急に救急車を呼びましょう。救急車を待つ間にも身体を冷やすことが大切です。

子どもの熱中症を予防しよう

小さな子どもは大人より短時間で重篤な状態になりやすいので、より注意が必要です。

のどが渇いていなくても、水分をこまめに補給することだけでなく、暑さを避ける生活をするための工夫が必要です。気温によって脱ぎ着ができる服装にしたり、エアコンを上手に活用したりしましょう。体が冷えすぎると暑い室外に出た時に、急な気温差に体がついていけず、熱中症を引き起こしやすくなりますので、冷やしすぎにも注意してください。また、おしっこの量や回数などに気をつけることも大切です。おしっこの量が少ないときは体内の水分量が少なくなっているので要注意です。

また、日頃から積極的に外遊びをさせ、暑さに負けない身体にするよう心がけましょう。外遊びのときは、水分補給を怠らない、ときどき涼しい日陰などで休ませるなどの気を配り、熱中症にならないようにしたいものですね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加