紫外線対策

外出時は要注意!紫外線の子どもへの影響とママにできる対策とは?

昔は母子手帳にも書かれていた日光浴ですが、現在では紫外線の害が広く知られるようになり、赤ちゃんの頃から紫外線対策が必要だと言われています。紫外線が子どもに与える影響とママにできる紫外線対策のポイントを知っておきましょう。

そもそも紫外線ってなに?

紫外線は体内での骨の生育に欠かせないビタミンDを作りだすのに必要なものです。ただし、必要なビタミンDを合成するために浴びる紫外線の量は日常生活で浴びる程度で十分で、あえて日光浴をする必要はありません。

一方、紫外線による害は、日焼けやシミ、光老化、免疫力低下、皮膚ガン、白内障などさまざまなものが知られています。また、赤ちゃんや小さい子どもの肌はデリケートで防御機能も十分ではないため、強い紫外線を浴びると皮膚の炎症やさまざまなトラブルを起こしやすくなります。

子どもが紫外線によって受ける影響

外で遊ぶ時間が長い子どもはどうしても紫外線を多く浴びがちです。世界保健機構(WHO)は、多くの人は18歳までに一生に浴びる紫外線量の大半を浴びていると指摘しています。紫外線は遺伝子を傷つけてしまいます。遺伝子に傷がついたままとなってしまうことで、突然変異を引き起こして、将来皮膚がんを発症するリスクを高めます。特に細胞分裂が激しい子どもは、大人よりも環境の影響を受けやすいため、子どもの時に浴びた紫外線が皮膚がんの発症リスクが高めるといわれています。さらに、紫外線を大量に浴びる時期が早いほどその傾向が強いということもわかっています。

また、紫外線が目に与えるダメージも小さい子どもほど大きく、大人になってからの白内障や、免疫システムの機能低下なども引き起こすため、子どものうちからしっかりとした紫外線対策を行うことが必要です。

ママができる子どもの紫外線対策

赤ちゃんの場合はベビーカーの日よけや帽子で紫外線を防ぎましょう。日光を浴びる際は、低刺激性のベビー用日焼け止めなどを肌に塗り、できれば紫外線の強い10時~14時頃の間は外出を控えたり、日差しの強い時期は日陰を選んで歩きましょう。

子どもの外遊びの際はUVカットのウェアや日焼け止め、帽子などで紫外線を防ぎます。帽子だけだと目に入る紫外線の50%しか防げないため、日差しの強い場所ではサングラスの併用をおすすめします。近視用の眼鏡もUVカット仕様になっているため、紫外線防止効果が期待できます。

赤ちゃんの場合も子どもの場合も、日焼け止めは肌にやさしい処方のSPF値の低いものをこまめに塗り直した方がよいでしょう。そして、帰ってきたらきちんと洗って日焼け止めを落としてください。

紫外線が強く皮膚ガンの発症率の高いオーストラリアなど、海外では、授業の合間に日焼け止めを塗り直す時間を設けたり、普段からサングラスや帽子で目や肌を守ったりと子どもの紫外線対策も進んでいます。子どもの将来のために、赤ちゃんのうちからしっかりと紫外線対策を考えていきましょう。


2015/07/29

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事