更年期障害

2015/08/04

更年期障害の前触れ?40代になり生理に変化が…

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

更年期障害の前触れ?40代になり生理に変化が…

生理が順調だと、毎回同じようなパターンで生理が始まり終わっていきます。しかし順調だった生理も、年齢を重ねるにつれて状態が変化することがあります。更年期の始まりでは?と心配する相談者の方に、看護師さんたちは何といっているのでしょうか。

生理についての相談:「41歳。最近生理の様子が変わってきたが、更年期障害の始まり?」

現在41歳ですが、若い時の生理と様子が変わってきて不安です。近頃1~2日目は大量の出血がありますが、3日目になると出血が全くなくなり、ナプキンが1日真っ白でいられるほどです。その際、必ずひどい頭痛に悩まされ、鎮痛剤が手放せなくなります。4日目は再び少量の出血があり徐々に終わっていくのですが、このような症状はどこかに異常があるサインなのでしょうか。年齢的にも、早めの更年期障害と考えた方が自然でしょうか。(40代・女性)

ホルモンバランスの乱れが原因で起こる

生理周期に大きな乱れがなく毎月生理があるなら、更年期障害とはいえないかもしれません。加齢やストレスなどが原因でホルモンバランスに乱れが生じ、生理に変化が起こることがあるようです。

生理は3日あれば十分という考えもありますし、毎月ほぼ決まった周期で生理が来ているのなら、更年期障害とはいえないのではないでしょうか。生理の量や月経期間に変化があるのは、ホルモンバランスが崩れているのだと考えられます。(婦人科看護師)
生理の様子の変化は、ホルモンの乱れや年齢によるもの、ストレス、疲れなどが原因となり起こるようです。できれば毎日基礎体温を測って、ちゃんと排卵が起こっているか、また高温期と低温期の区別があるかについても、ご自身でチェックしてみるとよいでしょう。(婦人科看護師)

プレ更年期は30代後半から始まる

比較的若い年齢で更年期障害と似たような状態になる「プレ更年期」といわれる症状は、30代後半から始まるようです。正確な診断のためには、一度婦人科の受診を検討してみてはいかがでしょうか。

プレ更年期は30代後半から始まりますので、生理周期が乱れたり経血量が減ってきたら、閉経の前触れということも考えられます。頭痛もそのために起こっているのかもしれませんので、子宮がん検診も兼ねて一度婦人科を受診してみるとよいかもしれません。その時に基礎体温表を持参すると、診断の目安になってよいでしょう。(婦人科看護師)

更年期障害と決めつけられませんが、近年では30代後半から始まるプレ更年期と呼ばれる症状もあります。婦人科を受診すれば診断を受けられますので、心配であれば一度病院を受診してみるのもよいでしょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加