とびひ

感染力が強い「とびひ(伝染性膿痂疹)」に注意!原因と治療法

汗疹や虫さされなど、子供の皮膚トラブルが増える夏はママたちの心配ごとがなにかと増えますよね。そうした皮膚トラブルの1つ、「とびひ」という病気をご存知ですか?感染力が非常に強い厄介な皮膚炎、とびひ(伝染性膿痂疹)。その原因と対策をご紹介します。

とびひ(伝染性膿痂疹)ってなに?

とびひの正式名称は「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」といいます。患部に触れた手などを介して症状があっという間に全身に広がる様子が火事現場の「飛び火」に似ていることから、「とびひ」と呼ばれるようになりました。

とびひの際に起こる2つの症状

とびひ(伝染性膿痂疹)の症状には2つあります。

1つは、水ぶくれに膿が溜まり、破れたところから皮膚がジュクジュクとただれてしまう水疱性膿痂疹です。水疱性膿痂疹は目や鼻、口の周りなどデリケートな部分から発症し、全身に広がります。こちらの原因は黄色ブドウ球菌で、夏にあせもや虫刺されなどの擦り傷の部位から感染を起こすことが多いものです。夏に多く発生するとびひの多くは水疱性膿痂疹です。

もう1つは、膿の溜まった水ぶくれ(膿疱)の部分が厚いかさぶた状になってしまう痂皮性膿痂疹。水疱性膿痂疹に比べて炎症が強く、リンパ節の腫れや発熱を伴うことがあります。こちらの原因はA群β溶血性連鎖球菌で、季節性ではなく、アトピー性皮膚炎などがある場合に合併することが多くあります。

原因を知って予防するようにしましょう

原因となる黄色ブドウ球菌は鼻の中に常在する細菌です。鼻の中を触る癖のある子供は、これらの細菌が付着した手で虫さされの部位をかきむしったり、傷口に触れたりしてとびひ(伝染性膿痂疹)を発症させやすいので注意が必要です。

とびひ(伝染性膿痂疹)を予防するには、鼻いじりの癖をやめさせる、皮膚を傷つけないよう爪を短くする、こまめに手洗いをするなど患部を清潔に保つことが大切です。また、肌に傷がついているととびひになりやすいので、虫に刺された時にはできるだけ早く治療して傷を治すようにしましょう。

とびひになってしまったら!治療法は?

とびひ(伝染性膿痂疹)は感染力の強い皮膚病です。ひょっとしてとびひ(伝染性膿痂疹)かな?という症状を見つけたら、すぐに皮膚科や小児科を受診しましょう。

治療には、原因となる細菌を取り除くことが中心となります。病院では抗菌性のあるぬり薬や飲み薬が処方されます。症状が軽いうちから薬で治療をすれば、それだけ早く治すことができます。

幼稚園や保育園へは行っていいの?

強い感染力のあるとびひ(伝染性膿痂疹)ですが、幼稚園や学校へは登園・登校することができます。ですが、他の子供にうつさないよう、症状がひどい場合は患部をガーゼで覆うなどして配慮しましょう。

とびひ(伝染性膿痂疹)は肌の接触や水、タオルなどを介してほかの子供に感染する可能性があるので、プール遊びはお休みさせましょう。


2015/08/04

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事