感染症

2015/08/04

意外と身近な病気、マイコプラズマ感染症ってどんな病気?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

意外と身近な病気、マイコプラズマ感染症ってどんな病気?

5歳以上、特に10~15歳頃に感染することが多いと言われるマイコプラズマ感染症。家庭内での感染や、再感染も多く起こります。主な症状に咳があり、病院を受診した時にはすでに肺炎になっているということもあります。症状をこじらせたりすることのないよう、マイコプラズマ感染症の症状や予防などについて解説します。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加