尿漏れ

2015/08/05

産後3年経ってもまだ尿漏れが…自宅でできる改善法は?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

産後3年経ってもまだ尿漏れが…自宅でできる改善法は?

妊娠・出産をした人の中には、尿漏れを経験したことがある人も多いようです。一般的には数カ月で症状が治まるといわれますが、産後3年を経過したにもかかわらず尿漏れがあるという相談者の方に対し、看護師さんたちは何といっているのでしょうか。

ママからの相談:「産後3年も続く尿漏れ。原因は出産?加齢?」

出産を経験してから3年が経ちますが、年々尿漏れがひどくなってきました。日常生活には特に問題ないですが、咳やくしゃみで「ハッ」とする時があり、咳がひどい日は尿ケア用品を使用しています。育児本には「出産後すぐは尿漏れすることもあるが、3~4カ月程度で治まる」とありました。わざわざ病院に行くほどでもないと思うので、自宅でできる改善方法があれば知りたいのと、原因は出産か加齢かについても知りたいです。(30代・女性)

尿漏れの原因の多くは骨盤底筋の緩み

尿漏れの原因の多くは、妊娠・出産による骨盤底筋の緩みや加齢による筋力低下だといわれています。症状が軽い場合は、骨盤底筋を鍛える運動などで改善を図ることができるようです。

妊娠中や出産後に尿漏れすることはよくあります。尿漏れのほとんどは骨盤底筋の緩みが原因で起こり、出産によるものや年齢による筋力の低下などが挙げられます。(産科看護師)
軽い尿漏れでしたら、立った状態で肛門をギュッと引き締める運動を1日数回繰り返す、排尿時に途中で一旦排尿を止めるなどの訓練や骨盤トレーニングで改善可能です。(産科看護師)
下半身を冷やさないように注意し、排尿は我慢しないようにしてください。排尿を控えるために水分を制限すると尿を凝縮させてしまい、膀胱炎であった場合は症状を悪化させますし、水分の過剰摂取もよくありません。飲みものは、冷たいものを摂りすぎるのは控えて、できるだけ温かいものにしたほうがよいといわれています。(産科看護師)

尿漏れでも症状が長い場合は病院の受診を

産後3年経過してもまだ尿漏れの症状が続くのは、何か泌尿器科系の疾患がある可能性もあります。たかが尿漏れと自己判断せず、症状が長引く場合は病院を受診しましょう。

産後3年も経過してまだ尿漏れが続いている場合は、膀胱炎などの泌尿器の疾患も考えなければなりません。症状が長期間続く場合は、たかが尿漏れ程度でと思わず、一度泌尿器科を受診してみてください。(婦人科看護師)

尿漏れを経験する妊産婦さんは少なくないようです。症状が軽い場合は骨盤トレーニングなどで改善できるようなので、一度試してみてください。それでも一向に症状が治まらない場合は泌尿器科を受診して、膀胱炎などの疾患がないか診てもらうようにしましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加