妊娠中の病気・身体の悩み

妊娠6カ月、胸の発達が左右で違う…母乳に影響は?

普段よりも胸が大きくなる妊娠中は、左右で大きさが違うことも珍しくはないようです。母乳の出に影響がないかと心配している妊婦さんに、看護師さんたちはどう答えているでしょうか。

妊婦さんからの相談:「胸の大きさの違いは母乳に影響しますか?」

現在、妊娠6カ月です。胸が大きくなってきましたが、左右で大きさが違うことが気になっています。左胸のほうが明らかに大きく、また左の胸は乳首も広がって分泌液が出てくるようになったのに対し、右側は何の変化もありません。色も左右で違う気がします。このような妊娠中期の左右の違いは、ごく普通のことなのでしょうか?このままでは左の胸しか母乳が出ないのではないかと心配です。(30代・女性)

胸の大きさは、必ずしも左右対称とは限らない

左右対称に胸が発達するとは限らず、どちらかが大きくなるのには理由があるようです。

妊娠や出産によって乳腺が発達しますが、左右対称に発達するわけではなく、左右の大きさに違いが出ることがあります。姿勢によるものや、利き手の方が発達しやすいこともあり、左側は心臓を守るために胸の筋肉が発達しやすいという説もあります。(産科・婦人科看護師)

乳腺のマッサージで対処を

母乳への影響については、発達の遅いほうを念入りにマッサージしたり、授乳の際にあげる順番を工夫するなどで解決しましょう。

妊娠後期に入ると病院から乳首やおっぱいのマッサージをすすめられるので、発達の遅い方を念入りにマッサージするようにしましょう。出産後も左右の違いがあるようでしたら、おっぱいの出が悪い方から授乳するようにしてください。(産科・婦人科看護師)
座るときや歩くときはなるべく正しい姿勢を心がけてください。発達段階ですのであまり神経質にならなくてもいいと思いますが、健診の際に主治医に相談してみてください。(産科・婦人科看護師)

左右対称に胸が発達しなくても不思議なことではありません。母乳の出については、乳腺マッサージなどをすることによって解決可能であるといえます。


2015/08/06

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)