心筋梗塞

いつもと違う左肩と左背中のコリ、心筋梗塞のサイン?

身体の左側のコリが激しく、いつもと違ってもんでも取れないとなると、何かの病気が隠れているのではと心配になってしまいます。心筋梗塞と関係があるのではないか?という質問に対し、専門家の皆さんはどのようにアドバイスしているでしょうか。

身体のコリについての相談:「左肩と左の背中のコリ」

半月ほど前、左肩と左の背中がコリました。コリ自体は以前からありましたが、今回はコリが激しく、ひじまでコリが続いている感じで、マッサージでもみほぐしても取れません。若干、左手の小指がしびれている気がします。何かの病気ではないかと思い、ネットで調べると心筋梗塞の症状に似ていると思いました。コリは3日ほどでなくなり、今は何ともありません。心筋梗塞の可能性はあるのでしょうか。 (30代・女性)

症状が治まれば心配なし。同じことがあれば受診も検討を

肩や背中のコリが心筋梗塞のサインとなることは確かにありますが、呼吸困難などの他の症状がないのであれば、心配しすぎることはないようです。ただ、もし今度同じような症状があれば、心臓の専門家の助けを求める必要があるかもしれません。

症状が治まったのでしたら、心配ないと思います。おそらく、寝違えたり、無理な姿勢のために、筋肉や筋を痛めたのかと思います。その場合、回復するのに時間がかかったり、末梢神経にまで、痛みやしびれが出る場合もあります。心筋梗塞の場合でしたら、ほとんどが胸痛や胸の圧迫感が出現します。それに伴い、不整脈や動悸、呼吸困難などの症状も現れます。(産科看護師)
狭心症や心筋梗塞などで心臓の血管が狭くなり、心臓に十分な酸素が行きづらくなると胸が痛くなることが多いです。しかし質問者さんのように肩こりがしたり、背中が痛くなったりすることもあります。(内科医師)
3日間と少し期間が長いので、もし心臓が原因であった場合はもっと他の重い症状、例えば呼吸が苦しくなる、意識を失うなどの症状が出るとは思うのですが、もし今度、症状があればすぐに循環器内科(心臓の専門)を受診することをおすすめします。(内科医師)

手指しびれは「頸椎症」のサインである可能性も

心筋梗塞の可能性とは別に、激しいコリにしびれが伴う場合は、神経が圧迫されている頸椎(けいつい)症の可能性も考えられるようです。一度、受診して検査してもらうのが安心かもしれません。

それより少し気になるのが、左手の小指がしびれているという症状です。肩こりと手指にしびれがある場合には、頸椎症といって、首の骨と骨の間が狭くなり、神経が圧迫されている可能性があります。この場合は神経内科か整形外科で診てもらうようにしましょう。(内科医師)

左肩と左背中の激しいコリは、呼吸困難などが伴わず、現時点で症状が治まっているのであれば、心筋梗塞について心配しすぎる必要はなさそうです。とはいえ、同様の症状が出た場合は循環器内科の受診も視野に入れましょう。また、手指のしびれは頸椎症と関係がある可能性があるため、受診を検討するとよいかもしれません。


2015/08/09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)