月経前症候群・PMS

2015/08/10

生理前と生理中の尋常でない眠気…何科を受診すれば?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

生理前と生理中の尋常でない眠気…何科を受診すれば?

出産をきっかけに、生理前と生理中に我慢できないほどの眠気に襲われるようになったとのこと。8年も続くこの状態に不安を感じ、何科を受診すればよいのかという相談に対して、専門家の皆さんはどのようにアドバイスしているのでしょうか。

ママからの相談:「生理前と生理中の眠気について」

出産後、生理前数日と生理中の眠気がひどく、朝から晩までずっと眠いという日が続きます。昼間は何とか眠気をこらえて家事をこなすのですが、夜8時くらいには眠すぎて絵本の読み聞かせができないくらいの眠気に襲われます。このような状態が8年続いていますが、何か異常があるのでしょうか。もし病院に相談するとしたら、何科を受診したらよいのでしょうか。(30代・女性)

出産後、PMSの症状が強くなっているのでは?

生理前にプロゲステロンが増えることによって、眠気を含むさまざまな不快症状が起こりやすくなるPMS(月経前症候群)。出産によるホルモンバランスの変化や、育児による疲れなどで、この症状が強くなっている可能性が考えられます。

妊娠、出産によって、ホルモンのバランスや自律神経が乱れたことで、生理前の症状が強くなっていると思います。 (産科看護師)
女性の体や生理現象は、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)のバランスでコントロールされています。生理前にはプロゲステロンというホルモンが増加するので、体温が上がったり、食欲が増したり、体がむくみやすくなったり、イライラしたりします。また眠気も起こりやすくなります。これらの症状を医学的には、月経前症候群(Premenstrul Syndrom, PMS)と呼びます。(内科医師)
育児や家事で疲れているのもあり、余計に眠気が増しているのではないでしょうか。体の正常な反応と考えます。(内科医師)

受診するなら内科か婦人科へ

生活リズムを整えたり、こまめに睡眠をとる工夫をしたりすることで、改善が望める場合もありますが、8年にわたり悩まされているということであれば、内科か婦人科への受診を検討するとよいかもしれません。

対策としては、朝起きたら、お日様の光を浴びること、できるだけ規則的な生活で、軽い運動を行ってください。寝る前はパソコンや携帯などの強い光を浴びることは避けてください。8年にもわたって症状が続いているのでしたら、やはり病院で検査を受けるべきだと思います。その際には、婦人科か内科を受診してください。(産科看護師)
眠いときには短くても睡眠をこまめにとるようにするとよいと思いますが、それができない、もしくはどうしても気になるようであれば産婦人科を受診してみてください。PMSに効く漢方もいくつかありますので、試してみるとよいかもしれません。(内科医師)

生理前と生理中の激しい眠気は、PMSの症状であると考えられます。生活リズムを整える工夫とともに、一度、内科か婦人科を受診してみるとよいかもしれません。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加