産後の身体の悩み・トラブル

母乳で3人育てた後の垂れた胸、少しでも元に戻すには?

母乳で育てた後に、バストが垂れてしまったという悩みを持つお母さんは多いようです。恥ずかしくて誰にも見られたくない胸を、なんとか少しでも元に戻したいという相談者に対して、専門家の皆さんのアドバイスとは。

ママからの相談:「卒乳後の胸の形が恥ずかしくて困っています」

3人の子ども(8歳、6歳、4歳)を母乳で育てました。その結果、胸の形が垂れてしまい、乳頭も以前より長くなってしまいました。母乳で育てきった証ではあるのですが、形が変わったことが恥ずかしく、主人にも見られたくないくらいですので、友達と温泉に行くとなったらどうしようかと思っています。昔のようには戻らないと思うのですが、少しでも近づける方法、また精神的にこの悩みを吹き飛ばす方法があれば教えていただきたいです。(30代・女性)

マッサージやトレーニングで改善を

姿勢や下着に気を付けたり、食生活やマッサージなど様々な方法がありますが、特に大胸筋のトレーニングには効果があるとのことです。

完全に元に戻ることはないかもしれませんが、少しでも改善する方法はあります。バストマッサージ、リンパマッサージ、補正下着をつけて常に姿勢をよくする、筋肉トレーニング、大豆製品を食べるなどです。(内科医師)
特に筋肉トレーニングは有効で、腕立て伏せや両手を目の前で合わせて力を入れる運動をすると大胸筋という乳房を支えている筋肉が鍛えられます。あきらめずに運動をしてみましょう。(内科医師)
背筋を伸ばして、胸の前で両手を合わせ、肘を真横に開き、合わせた手にぐっと力を入れ、息を吐きながら前に伸ばしていく運動をし、同じように、胸の前で両手を合わせ、左右に動かします。これらの運動を1日10回程度行ってみてください。(産科看護師)
ブラジャーでの固定は、寝ている時は効果がありませんし、締めつけるブラジャーはよくありません。恥ずかしいと思いますが、ブラジャーはお店で採寸してもらい、ご自身にあったものを着用してください。(産科看護師)

立派な勲章、自信を持って

3人もの子どもを母乳で育てるのは、誰にでもできることではありません。美しい胸はもちろんよいのですが、ほかの何物にも代えがたい尊い仕事を成し遂げたという一面に焦点を当て、立派な勲章と考えるようにというアドバイスがありました。

3人のお子さんを母乳で育てた立派な勲章ではないでしょうか。モデルさんや女優さんの中には、体形維持のために母乳を一切与えない方もいるようですが、お仕事のためとはいえ、赤ちゃんが少しかわいそうかもしれません。旦那さんも3人も産んで育ててくれて、きっと感謝していると思います。(内科医師)

卒乳後の胸の形が気になる場合、大胸筋のトレーニングをはじめ、さまざまな方法で改善を図ることが可能です。完全に元に戻るわけではありませんが、決して恥ずかしいことではなく、かえって堂々と自信を持つべき、すばらしい勲章です。


2015/08/10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)