胸のしこり

2015/08/11

卒乳から3年、両胸のしこりが痛い…何科を受診すべき?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

卒乳から3年、両胸のしこりが痛い…何科を受診すべき?

授乳中も卒乳後も、おっぱいはちょっとした原因でトラブルを抱えやすいもの。卒乳後、胸に痛みを伴うしこりができたことを心配するママに対し、看護師さんたちはどのようなアドバイスをしているでしょうか。

ママからの相談:「卒乳後の胸のしこりが気になります」

子ども2人を完全母乳で育てましたが、卒乳後、両胸に大きめのしこりのようなものがあります。卒乳から約3年経過していますが、しこりを手で軽く握ると痛みを感じます。熱もなく乳腺炎ではなさそうですが、生理前になると痛みが増すように感じます。あまり触らない方がよいのか、それとも揉んでほぐした方がよいのでしょうか。また、医療機関へ行くとしたら何科に行けばよいのか教えてください。(20代・女性)

卒乳後のしこりは、たまった古い母乳が原因かも

卒乳後の胸のしこりは、ケアしきれずにたまった古い母乳かもしれません。放置しておくトラブルの原因になることも。

卒乳したからといって、急に母乳が止まるわけではありません。卒乳後もしばらくはおっぱいのケアをしないと、古い母乳が乳腺にたまり、しこりとなって残ります。そのままにしておくと次の出産後に母乳が出にくくなったり、乳腺炎を起こしやすくなってしまいます。触っても問題ありませんが、卒乳から時間がたってしまっているとマッサージなどで古い母乳を出すことが難しくなりますので、主治医や助産師などに相談してもよいかもしれません。(産科看護師)

受診するなら乳腺外来のある病院に

しこりの原因を調べるため、乳腺外来のある病院で検査をするとよいでしょう。受診のタイミングは乳腺の張りのない生理後がよいです。

母乳の残りによってできたしこりが乳癌(がん)になることはありませんが、3年ほど経過しているなら、母乳の残りによるものか、乳癌であるかの検査を受けた方がよいでしょう。生理前になると乳腺が発達してくるので、痛みが強くなると思います。乳腺が発達しているときは診断が難しくなるので、病院を受診するなら乳腺の張りのない生理後、受診する機関は乳腺外来のある病院がよいでしょう。(産科看護師)

卒乳後もおっぱいは少しずつ出ています。適切なケアをしないと古い母乳が残り、しこりになることがあるようです。卒乳後3年経過しているのであれば、乳腺外来のある病院において生理後のタイミングで、しこりの原因を検査してもらうのも一つの方法です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加