悪露

悪露の回復が遅い気が…高齢や出産時の貧血が影響?

出産後は、悪露と呼ばれる生理のような出血が1カ月ほど続きます。産後1カ月が経って、悪露の回復が遅い気がして不安に感じているママからの相談に、看護師さんたちはどのように答えているでしょうか。

ママからの相談:「悪露が長い気がしますが、年齢や出産時の貧血は関係ありますか?」

無事出産を終えて、産後の回復の途中にあります。産後の悪露の期間と、状態の目安を病院から教えられていますが、自分は悪露の続く期間が少し長いようで気になっています。段々と量は減ってきているようですが、だらだらと続いている状態です。身体の回復に問題があるのか心配です。出産の折には出血が多く、貧血を起こしました。そういったことと関係しているのでしょうか。高齢になると回復に時間がかかるのでしょうか。(30代・女性)

ミルク栄養だと回復が遅い傾向

年齢的なものや、ミルクで育児を行っているなど、悪露が長く続く要因について教えてくれました。

確かに、年齢を重ねるごとに身体の回復は遅くなる傾向にあります。しかし、悪露が長く続く原因は他にもあるかもしれません。たとえば、母乳ではなくミルクで子育てをしている場合です。乳首を吸われると子宮の収縮が促され、身体の回復を手助けします。しかし、ミルクで育てているとその刺激がなくなるため、回復が遅い場合があるのです。(健康管理科看護師)

気になる症状が出たら受診の検討を

様子を見ても問題のない悪露の出方と、受診を検討すべき症状についてアドバイスをしてくれました。産後1カ月は無理をしないようにしましょう。

個人差がありますが、産後の悪露は、だいたい1カ月くらいで量が減って色も薄くなり、治まる方がほとんどです。一度止まったと思っても、下腹部に力を入れたり、立ち上がった時などに再び塊が出る方もいます。塊は、残った子宮の内膜や卵膜、胎盤の残りですから、塊が出ても、その後出血がひどくならないようでしたら、様子をみてかまいません。(産科・婦人科看護師)
1カ月を過ぎても、出血量が多い、塊がよく出る、新鮮な血液が出る、異様な臭いがする、同じような下腹部の痛みが続く場合には、病院を受診してください。産後1カ月は、なるべく無理をせず、疲れたら横になって休むようにしてください。出産時の出血量との関係はないと考えますが、貧血の方は出血しやすい傾向にあるので、鉄分、ミネラル、カルシウムを心がけて摂るようにしてください。(産科・婦人科看護師)
今のところは悪露と身体の状態の観察を続けましょう。そして、何か気になる症状がある場合には、早めに受診するようにしてください。 (健康管理科看護師)

悪露の期間は1カ月ほどですが個人差があり、年齢やミルク栄養を行っているなどの要因にも影響されます。量が多い、痛むなど気になる症状がある場合は、受診を検討したほうがよいようです。


2015/08/16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)