不正出血

2015/08/13

生理1週間後、多めの不正出血が…婦人科に行くべき?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

生理1週間後、多めの不正出血が…婦人科に行くべき?

不正出血がたびたびあると、心配になってしまいます。毎月ではないものの、生理が終わってから1週間たった頃に多めの不正出血が3~4日続くことがあり、不安に思っているという相談に対し、看護師さんたちは何とアドバイスしているのでしょうか。

ママからの相談:「生理後1週間での不正出血について」

現在、45歳になる2児の母です。生理が終わってから1週間くらいたつと、軽い日用のナプキンが必要なくらいの出血が3~4日続くことがあり不安です。中間期出血にしては出血量が多いのではないかと思います。毎月必ずなるわけでもないので受診も躊躇しています。生理は毎月ほとんど予定通りあり、量も普通、痛みやつらさもあまりありません。一度、婦人科で相談してみた方がいいでしょうか。(40代・女性)

加齢によるホルモンバランスの乱れが原因かも

原因にはいくつかの可能性がありますが、加齢による卵巣の機能低下、ホルモンバランスの乱れが起こっていること、排卵に関連した機能性出血、子宮頚部のびらんや炎症といった原因で出血していることが考えられるようです。

毎月、生理が来ているのでしたら、更年期とはいえませんが、年齢的に卵巣の機能が低下していたり、ホルモンのバランスが悪くなって不正出血が起こっているのかもしれません。生理が終わって1週間くらいの出血でしたら、排卵によるもの、機能性出血とも考えられます。性行為の後に出血があれば子宮頚部のびらんや炎症が起こっているとも考えられます。(産科看護師)

排卵日と一致しない場合、疾患の可能性も

排卵日をチェックし、もし出血と排卵の時期が一致しない場合は、排卵に関連した出血である可能性が排除され、婦人科系の疾患の可能性が浮上します。癌(がん)や子宮内膜症など、放置できない疾患もありますから、心当たりがある場合は早めの受診を検討するのがよいかもしれません。

基礎体温を測って、排卵日と出血の時期が一致するかチェックしてみてください。排卵日と一致しない場合、不正出血の原因は、子宮癌(がん)や筋腫、ポリープ、子宮内膜症、卵巣脳腫などの婦人科系の疾患の場合もあります。毎月なくても、不正出血は異常な場合が多いので、出血量にかかわらず癌検診を兼ねて病院を受診してください。(産科看護師)

不正出血は、年齢によるホルモンバランスの乱れや、排卵による出血などの原因が考えられます。一度、基礎体温を測って排卵日と出血の時期が一致しているかを確認し、もし一致していない場合は、婦人科系疾患が原因であることも考えられるため、早期に受診を検討するのが賢明です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加