排卵痛

10年以上も排卵痛…妊娠も考えてピルはやめた方がいい?

排卵の際に痛みを感じる人もいれば全く感じない人もいて、痛みの程度も人それぞれです。毎月ひどい排卵痛がある相談者の方は、婦人科でピルをすすめられたものの妊娠できないのも困るといっていますが、看護師さんたちのアドバイスとは。

排卵痛についての相談:「ひどい排卵痛でピルをすすめられたが、妊娠できないのも困ります

10年以上も前から排卵痛がひどく、その度に薬を飲んでしのいできました。人間ドックの婦人科検査で排卵痛について相談したところ、無理をせずピルを飲んではどうかといわれました。そうすると子どもができなくなるので、たとえ痛みが改善されるとしても、なかなか踏み切れません。一度、踏ん切りをつけて治療に専念した方がよいのでしょうか。そもそも排卵痛は治るのか、また妊娠は可能なのでしょうか。(30代・女性)

ピルは卵巣の機能を改善し、妊娠しやすい身体に

確かにピルを服用中は妊娠できませんが、ホルモンの作用で卵巣機能を改善してくれます。またピルは継続しないと効果がないため、一時的に中断すれば妊娠も可能なようですし、ピルの他にも漢方薬で改善できることもあります。

排卵痛の改善にはピルがよく使用されますが、服用中は妊娠しません。しかし、ピルを服用することで人工的に妊娠した状態を作るため、黄体ホルモンの分泌が活発になり卵巣機能を改善して子宮の環境を整えるので、服用をやめた後に妊娠しやすい身体を作ることになります。(婦人科看護師)
日本の病院で処方されるのは全て低用量ピルですが、それでもきちんと服用すればほぼ確実に排卵を抑えることができます。逆にいえば服用しなければその効果はなくなるので、医師の指導の元でタイミングを合わせてピルを中断すれば妊娠することも可能です。 (看護師)
ピルの服用期間については症状によっては長期になることもあるので、すぐにでも妊娠を希望されるのなら漢方薬を使った治療もできます。毎月の痛みを我慢するより、身体の調子を整えた方が妊娠への近道だと思うので、一度、産婦人科で相談してはいかがでしょうか。(婦人科看護師)

卵巣機能に異常がある可能性も

毎回薬が必要な程の排卵痛は、卵巣機能に何らかの異常がある可能性もあります。そうではなく、通常の排卵痛であるのに痛みがひどい場合は、ピルを飲んだからといって必ず改善するとは限らない、と看護師さんは説明しています。

排卵痛は全く気づかない方もいれば、毎月のように下腹部の違和感や痛みを感じる方、排卵出血のある方、頭痛や吐き気を伴う方もいます。薬を使わなくてもすぐに治まり我慢できる痛みなら問題ありませんが、毎月薬が必要な状態なら卵巣機能に何らかの異常がある可能性もあります。(婦人科看護師)
日常生活では身体を冷やさないようにし、適度な運動で血行をよくしましょう。規則的な生活を心がけ、バランスのとれた食事、特に大豆イソフラボンを多めに摂るとよいでしょう。(婦人科看護師)
排卵痛が強いのは病気ではなく体質といえるので(生理や排卵が原因ではない痛みの場合は別)、1年間ピルを服用したからといって必ずしも痛みが改善するとは限りません。(看護師)

排卵痛には個人差がありますが、あまりにも痛みがひどい場合は別の疾患の可能性も考えられます。一度、婦人科を受診して妊娠を希望している旨を医師に伝え、排卵痛について相談してはいかがでしょうか。


2015/08/15

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)