妊活・妊娠したい

2015/08/15

【産婦人科医監修】生理前に胸が張ると妊娠しにくい?胸の張りとの関係とは

この記事の監修/執筆

産婦人科専門医/女医+(じょいぷらす)今井 愛

【産婦人科医監修】生理前に胸が張ると妊娠しにくい?胸の張りとの関係とは

生理が始まる数日前になると、胸が張ってきて痛みを感じる人もいます。現在妊活中の相談者の方は、「生理前に胸が張る人と張らない人とでは、妊娠のしやすさが違うのでは?」と疑問に思っているそうです。この質問に、産婦人科専門医の今井先生が回答します。

胸の張りについての相談:「生理前に胸が張る私は、妊娠しにくい体質なの?」

現在、妊活中の32歳です。毎回生理前に胸がパンパンに張ってブラジャーがきつくなるほどですが、生理が始まると同時に次第に治まります。妊娠超初期症状をインターネットで調べると「胸が張った周期に妊娠した」という方と「いつも生理前に張る胸が張らなかった」という方がいました。私は毎回張るタイプなのですが、胸の張りはホルモンの乱れが原因でしょうか。胸が張らない方が、妊娠しやすい身体なのでしょうか。 (30代・女性)

胸の張りはプロゲステロンというホルモンが関係

生理前に胸が張るのは、ホルモンバランスが乱れているからではなく、排卵後に分泌されるプロゲステロンという黄体ホルモンの影響です。

生理前に胸の張りが出るのは、プロゲステロンというホルモンの影響といわれています。プロゲステロンは排卵後、妊娠しやすいように子宮の環境を整えるホルモンです。胸が張るというのは、プロゲステロンによって乳腺の発達が促進されるために起こり、生理の開始とともに症状は消失していきます。特に出産経験がない方のほうが胸が張りやすいといわれています。
生理前の胸の張りは、ホルモンの乱れではなくプロゲステロンという黄体ホルモンの影響です。排卵から生理までの高温期に、黄体ホルモンの分泌が多い方や黄体ホルモンに敏感に反応する方は胸が張りやすくなります。胸が張った方が妊娠しやすいとはっきりと言えませんが、黄体ホルモンの分泌が多い方は妊娠しやすいかもしれません。

胸の張りと妊娠について医学的に証明するものはない

生理前の胸の張りやイライラは「月経前症候群」と呼ばれる症状で、ホルモンの異常ではありません。胸が張るか張らないかが妊娠のしやすさと関係があるのかは、わからないようです。

妊娠したことで、さらに胸が張ったり痛みが出ることもありますし、生理前の症状は人それぞれで毎回同じとは限りません。乳腺炎があって張りやすい方もいるので、いつもと違うなと感じる時は病院を受診してください。
月経前症候群というのをご存知でしょうか。生理が始まる5~10日程前から起こる胸の張りやイライラ感などの症状をいい、これ自体はとくに妊娠しやすいということに関係はないですし、ホルモンバランスの異常でもありません。「胸が張った・張らない」ということが「妊娠しやすい・しにくい」ことと関係あるかどうか、医学的な証明もされていません。

インターネットでは様々な情報が溢れているようですが、胸の張りと妊娠についての関係性は医学的には何の証明もされていません。あまり考えすぎない方がよいかもしれません。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加