二人目妊娠

不育症治療をしていた私、2人目の妊娠でも治療は必要?

1人目を妊娠する際に不育症治療を行っていた場合、2人目を妊娠するためにも治療は必要なのでしょうか。早く2人目が欲しいと願う相談者さんに、看護師さんたちが答えています。

ママからの相談:「2人目の妊娠に治療は必要ですか」

もうすぐ7カ月になる子がおり、2人目もできるだけ早く欲しいのですが、妊娠にあたって心配なことがあります。1人目の妊娠の前に2回の流産をしており、不育症治療をしていたため、次の妊娠も治療が必要なのかということです。前回はタイミング法とプロゲストン服用、妊娠確定してから35週までバイアスピリン服用でした。また同じ治療をするのか、再び血液検査等をして現在の体調を調べた方がよいか、教えていただきたいです。(30代・女性)

まずは生理の再開が必要

妊娠をするのに必要なのは、妊娠・出産で止まっていた生理の再開です。授乳中の場合は再開が遅くなることが多く、少しずつ妊娠しやすい体調に戻す必要があります。

現在、母乳栄養でしょうか?同じ不育症でも、出産経験のある方は経験のない方と比べると、比較的妊娠しやすいといわれています。産後の生理の再開はそれぞれですが、授乳をしていると、遅くなる傾向があります。(産科・婦人科看護師)
授乳中の場合は断乳を早めてもいいのですが、無理な断乳は、お母さんにもお子さんにもストレスになりますから、ミルクとの混合栄養に変えて、徐々に授乳の回数を減らしてください。(産科・婦人科看護師)

不育症治療は可能かどうか

授乳中は同じ治療ができないため、医者とよく相談して次の妊娠準備をしていきましょう。

産後の生理は無排卵の場合もありますので、基礎体温を測り、排卵が起こっているか、排卵日がいつなのかチェックしてください。授乳している間はホルモン剤による治療はできないと思います。次の妊娠の時期については、主治医とよく話し合って、体調を整えてから行ってください。(産科・婦人科看護師)

現在、母乳育児をしているかどうかで判断が変わってきますので、今後のことは主治医とよく相談しながら妊娠準備を進めていくことをおすすめします。


2015/08/21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)