叱り方

6歳の息子の暴言、都度叱る?それとも様子見か

子どもが成長して様々な関わりの中で語彙も増えてくると、時に乱暴な言葉使いをすることもあります。相談者の方は、嫌なことがあると暴言を吐く我が子に対し厳しく叱るべきか悩んでいますが、看護師さんたちのアドバイスとは。

ママからの相談:「反抗期?子どもがよく暴言を吐くが、都度叱るべきでしょうか」

6歳になる息子はもともと温厚な性格ですが、最近嫌なことがあると「死ね、殴るぞ」などと暴言を吐きます。物に八つ当たりすることはなく、反抗期かなと思い、よほどのことがない限りきつくは叱りませんが、暴言がある度に叱るべきか、多少目をつぶり見守るべきか悩んでいます。一応「自分がそういわれたらどう思う?」「いわれた人は悲しくて泣いてるよ」等の言葉かけはしています。(30代・女性)

頭ごなしに叱らずに子どもの気持ちを引き出す

年齢的にまだ言葉の意味やその影響について完全に理解しておらず、面白半分で悪い言葉を使うこともあるでしょう。頭ごなしに叱るのではなく、子どもの気持ちを一旦受け止めてあげてください。

暴言を吐いた時は叱ったりせず、例えば死ねといわれたら「死ねばいいと思ってるんだね」と一旦、お子さんの気持ちを受け止め、その後に「何か嫌なことがあったの?」と子どもの気持ちを引き出してあげてください。(産科看護師)
「死ねといわれてもママはいつも側にいるよ」と安心感を与え、それから言葉の意味をしっかり教えてください。子どもに話しかける時は抱きしめてゆっくりした口調で、視線を合わせて話しましょう。頭ごなしに叱ると逆効果なので、お子さんを否定せずに気持ちを受け止め、安心させてあげることが大切です。(産科看護師)
6歳だと、まだ善悪の判断があまりできませんし、言葉の意味やその言葉が与える影響について深く考えた上での発言ではないはずです。現代は幼い子どもでもそういった言葉に触れる機会が多く、きっと周りの男の子たちも同じように面白半分やカッコつけたような感じで、そのような言葉を使っているのでしょう。(看護師)
明らかに悪意がありそのような言葉を使うのなら叱るべきですが、そうではないと思います。もちろん全く注意しないわけにもいかないので、現在されているような言葉かけの対応でよいのではないでしょうか。(看護師)

家庭環境やプレッシャーが原因であることも

たとえば頻繁に夫婦喧嘩などして暴言を吐いていると、まだ言葉の意味をよく理解せずに子どもが真似をしてしまうこともあります。また日頃から子どもにプレッシャーを与えすぎるのも、暴言の原因となることがあるようです。

失礼ですが、家庭内で何か問題はないでしょうか?子どもの前での夫婦喧嘩や、ママやパパがついイライラして、お子さんに対してでなくても夫婦間で暴言を吐くことがあれば、小さい子どもは意味が理解できなくても大人の真似をして暴言を吐くこともあります。(産科看護師)
小さい子どもが暴言を吐くのは、不安な時や自信がない時ともいわれています。日頃から「早くしなさい。きちんとしなさい」などプレッシャーを与えてはいないでしょうか。(産科看護師)

まだ言葉の意味をよく理解していないので、悪意のある暴言だとはいえないようですが、ママとしてはやはり気になるでしょう。まずは子どもの気持ちを受け止め、寄り添ってあげることが大切とアドバイスいただきました。


2015/08/23

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)