偏食

2014/09/10

3歳の子供が魚の目玉ばかりを食べたがり、心配です。

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

3歳の子供が魚の目玉ばかりを食べたがり、心配です。

子供の好き嫌いや偏食など、食事に苦労するママのお話をよく聞きます。特定の食品を食べたがる子供を心配しているママから「なるカラ」に相談がありました。看護師さんや管理栄養士さんはなんと答えているでしょうか?

ママからの相談:「魚の目玉ばかりを食べたがる子供、栄養の摂りすぎになっていないか心配です!」

3歳になり食べ物の好みがはっきりしてきた子供の最近のお気に入りは魚の目玉。特定の食品ばかり食べると栄養を摂りすぎている気がして心配なママから相談がありました。

3歳児の母です。子供の食事について質問です。食べ物の好みがかなりはっきりしはじめ、加えてイヤイヤ期もはじまって食事のたびに一苦労です。最近どうやら「魚の目」がお気に入り。焼き魚、煮魚、どんな調理をしても「おさかなの目~!お目めちょーだい!」と言って聞きません。魚の身も食べますが、特にあのゼラチン質のつるっとした食感が美味しいようです。卵の黄身を食べすぎるとよくない!というように、魚の目玉は食べ過ぎて栄養の取りすぎで良くないなど、ありませんか。気にしすぎかもしれませんが、心配しています。教えてください。

魚の目玉には摂りすぎて問題のある栄養成分は含まれていないので、問題ありません!

魚の目玉には、DHAやコラーゲンなどが含まれています。食材によっては摂りすぎると良くない栄養成分が含まれていることがありますが、魚の目玉に関しては食べ過ぎても問題ありません。魚への興味を上手に活かしてくださいとアドバイスがありました。

魚の目玉にはDHAやコラーゲンが多く含まれており、食べると頭がよくなる、記憶力がよくなると言われています。ただ、固いのでしっかり噛んで食べるようにしてください。魚が食べられない子供が多い中、魚に興味を持って食べていることはいいことですね。身も一緒に食べると箸の練習にもなりますし、良いことづくめです。あまり心配されなくて良いでしょう。 (小児科看護師)
余分に摂りすぎた栄養が体外に排出されるかどうかは、その栄養成分によって当てはまるものとそうではないものがあります。魚の目玉の摂りすぎで、栄養を摂りすぎる心配はまずないと考えられますのでご安心ください。目玉だけでなく、身の部分もしっかりと食べていくことが大切ですので、興味をもっている貴重な時期を活かしていってください。 (管理栄養士)

魚の目玉をきっかけに生まれた食材への関心を上手に活かして、食事の時間を楽しいものにしてあげてくださいね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加