食物アレルギー

これってなにかの食物アレルギー?離乳食を始めてから湿疹が出た場合の判断

小さな子供の場合、様々な食品に対しアレルギー反応を起こすことがあります。場合によっては一大事を引き起こすこともある食品アレルギーは、多くのママが気を使っているのではないでしょうか?「なるカラ」にも、子供の離乳食と湿疹の関連について悩むママから相談がありました。看護師さんはなんと答えているでしょうか?

ママからの相談:「離乳食を始めてから湿疹が出ることがあります、アレルギーを起こしているか心配です…!」

6カ月から離乳食を始め、少しずつ食材の種類を増やしている。身体に湿疹が出て翌朝には治まるが、アレルギー反応を起こしているのではと心配なママからの相談です。

子供が6カ月になり、離乳食を始めました。少しずつ食べる量も増え、私も使う食材の幅を広げています。調理が難しいものは、ベビーフードに頼ることがあるのですが、夕方お風呂に入れる前に体を見ると、顔以外に赤く湿疹が出ていることがあります。痒がる様子もなく、翌朝には治まっているのですが、これは何かにアレルギー反応が起きているのでしょうか。自己判断はいけないということで、様子を見つつ食事を進めているのですが不安になります。

—- ★補足情報★ —-
【その症状はいつからですか?】
2週間ほど前からです。
【今どんな薬を飲んでいますか?】
飲んでいません
【病院には行きましたか?】
行っていません
(30代、女性)

食物アレルギーと考えられるので、小児科でアレルギー検査を受けることをお勧めします!

相談者の方のお子さんは、食物アレルギーの可能性があるので小児科で検査を受けることがおすすめです。受診の際に参考になるよう、食べたものや湿疹の有無を記録しておくと良いと教えてくれました。

文面からして、食べ物によるアレルギーも考えられます。かかりつけ又は近くの小児科でアレルギー検査を受けてみて下さい。その際、アレルギーの原因と思われる食べ物の予想がついていると、検査がしやすいですので、食べさせたものをノートに記録し、湿疹の有無を記録してみて下さい。血液検査か、食べ物エキスを皮膚に貼り付けて皮膚が赤く変化しないか調べる事で分かりますので、小児科医に今後の指導を受けてみてはいかがでしょうか? (皮膚科看護師)
乳児は消化機能も未熟で、消化酵素も充分に機能していません。また、小腸の構造も成人とは異なっており、口から取り込んだものが、身体にとって良いものか悪いものかの判断がつかず、食べ物に対してアレルギー症状を起こしやすくなります。しかし、消化器官が成熟してくるにつれ、アレルギー症状がでなくなる場合もあります。 (皮膚科看護師)

アレルギーを起こす可能性がある食べ物は、濃度を薄くし、良く火の通ったものを食べさせましょう!

アレルギーを起こす食べ物は栄養価が高いので、自己判断で食べさせるのをやめるのではなく、濃度の薄いものからゆっくりと食べて様子をみるようアドバイスがありました。

アレルギーを起こす食べ物は、栄養価も高く、赤ちゃんの成長・発達に欠かすことのできない栄養を備えています。自己判断で食事制限を行う事は、赤ちゃんにとって良い事とはいえません。初めて口に入れるもので、アレルギーを起こす可能性が高いものは、濃度を薄く、良く火を通した物を赤ちゃんの体調の良い日に与える事が大切です。脂ののった魚などは、「3度ゆで」して、3度目のゆで汁から与えます。最初は、唇に塗るような感じで与え、問題なければ離乳スプーンに1~2口という風に。問題なければ、3度ゆでた魚の身を極少量~1gと増やしていきます。その際、一度にどんどん進めていくのではなく、2~3日かけてゆっくり進めていきましょう。 (皮膚科看護師)

アレルギーの可能性がある場合は、病院でアレルギー検査を受けましょう。自己判断で食べる食品の種類を減らすのではなく、医師の指導のもと、少しずつ色々な食品を食べてゆっくりと離乳食を進めていきましょう!


2014/09/11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)